ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

迪慶概況


     迪慶チベット族自治州は雲南省の西北部にある、チベットと四川省の境を接する雲南省の最北で、省内の海抜は最高の地である。総面積は23870平方キロ、人口は33万で、チベット族、リス族、漢族、ナシ族、イ族、ベー族、回族、など10種類の民族が居住し、それら少数民族が人口の84%を占める。州府は昆明からは700キロの中旬県で、昆明からは空路もある。

  迪慶とはチベット語の中、吉祥の地という意味である。雄大な雪山、縦横に走る峡谷、果てしなく広がる草原、茂る原始林、高原に星のごとく散りばめられた大小の湖ばどがある迪慶は、まさしくシャングリラといわれた。山々の東部は四川省の稲城-阿丁で、みなもとても素晴らしい観光地である。

  迪慶は青蔵高原の、東南の縁にあり、金砂江と蘭倉江が北から南へと自治州全体を貫いて、流れる。気候は立体型で、亜熱帯、温帯、寒帯の三ちの気候帯を合せ持っている。土地は完全に植物が覆われ、各種の生物群落の保存状態も良好で、国家クラスの自然保護区である。動植物始原は極めて豊富で、種子植物は4800種、哺乳動物は89種、鳥は170種も達する。

  迪慶の主な観光スポットは、梅里雪山、白茫雪山、虎跳峡、碧塔海、納泊海、白水台、松賛林寺、東竹林寺などがある。伝統的な年中行事は、旧跡5月5日の競馬、新暦12月21日のリス族の開時祭、旧暦11月29日の格冬祭などがある。

  迪慶の貴重な漢方薬は、冬虫夏草、雪蓮花、ジャコウ、バイモなどがある。特産品は、チンコ酒、マツタケー、雪茶、木製品などがある。