ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

玉龍雪山概況


玉龍雪山
       玉龍雪山は麗江町の北側の15キロの所にある。山の地勢は北から南へ向かって、南北の長さは35キロ、東西の広さは25キロ、雪山面積は960平方キロ、高山雪域の景色は海抜4000メートル以上にある。ここの雪山は一年中雪が積もって、山体は高くそびえて、順列の13個の峰に横たわって、海抜の5596メートル。
       玉龍雪山の峰は連綿と続く上がり下がり、北から南へ並べて、異なっている位置を交換して、雪山の呈した景色はすぐまるきり違った。玉龍雪山の西側の芝山麓から、上文海村に上ると、玉龍雪山の西北側の黒雪山を観賞することができる。雪松村から上がると、そこから白雪山を全部見ることができ、つまり扇子急の主峰の景観を観賞することができる。玉龍雪山の東麓から上ると、云杉坪と甘海子などの観光後、玉龍雪山の緑雪奇峰景観が見える。大具から上がると、玉龍雪山南の金沙江南岸の景色も楽しめる。玉龍雪山の主峰は扇子と言い、山々の南にあり、白雪山も称え。白雪山に登ると、それはひとつの白いあや絹の扇子のようで展開していて、これで扇子?と言われた。錦郷谷の芝生から仰ぎ見ると、それは一面の白い貝殻のようで、放射状で天空を指向して、青い空と白い雲の中できらきらと光る。玉龍雪山は気力がみなぎって、造型は美しくて精巧になる。その氷河のタイプは懸け氷河と氷闘氷河になって、季節と気候に変化すると、雪山の景観も同様に交替して変わって、多彩な容貌を現す。
      玉龍雪山は亜熱帯にあるので、ここも花の海洋である。真白の雪山は山野に満ち溢れている各種の色の野花を満開する。これらの高山草花の中、最も多いものはホトトギスで、低いものはただ地面で匍匐するだけで、いったん花が咲いたら、枝さえ1本見えない。赤い似ている火、白い似ている雪、紫色のキクの花のようで、美を競う。


 

 

わが社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。楽しい旅をお祈りいたします!

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp