ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

虎跳峡概況


虎跳峡
      虎跳峡は世界で有名なグランドキャニオンで、雄壮で有名になる。虎跳峡の長さは20キロメートル、落差は213メートル、上虎跳峡と中虎跳峡と下虎跳峡を分けて、険しい早瀬は18所を擁する。ここの金砂江は一番最も狭い所は30米だけがあり、峡の入り口は海抜1800メートル、海抜の差も大きいで、谷間は深いので有名である。虎跳峡町から、哈巴雪山山麓に沿って、河の方向により、下だると、すぐ谷間に入ることができる。上虎跳から、虎跳峡町へは9キロの道路があり、この辺りの谷間は一番狭いで、幅は30米だけで、金砂江の中、13米の大きい岩があり、虎跳石と呼ばれた。ですから、ここは虎跳峡といわれる。
      虎跳峡の北の永勝村の後ろは、中虎跳というところ。この河岸の絶壁は険しいで、石が奇異になる。河の水は5キロの距離だけで、100メートルの海抜差もある。江の中、暗礁は林立して、入り組んでいることに似る。激しく揺り動かす荒波は暗礁の間、左右に突き飛ばして、江面の上に霧になる。険しい山道に沿って登ると、一つの飛んでいる滝は哈巴山の中腹を掲げて、地元の人は「観音滝」と称えられ、由来は、隣の山の峰の形は観音のようで、そびえる。滝の水は、ちくちくと続いて絶えないで人の頬に飛びかかる。観音滝から遠くないところ、緩やかな山の坂にあ村は、胡桃園を叫ぶ。家の前後、大きいな胡桃の樹を植えて、農民さんの家はこの濃い緑の鮮やかな緑色の中で引き立たせ合って、この辺りの家屋は多く石板で頂をかぶせる。観光客はよくこの風情の独特な村に泊まる。
      胡桃園村から出て、上がる3キロメートルで、下虎跳に着く。ここで玉龍雪山と虎跳峡の記念写真を撮ると、とても美い。下虎跳を出ると、険しい山道の上、平らなつるつるしている石板があり、これは虎跳峡の有名な「滑石板」である。この石板の広さは約300余り米で、、85°角を呈して峡底から哈巴山の中腹へ伸ばして、石の面はつるつるして、歩くと、金沙江の中に滑りやすい安い。


 

 

わが社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。楽しい旅をお祈りいたします!

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp