ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
サムイェ寺概況

 
サムイェ寺(桑耶寺)

 779年創建のチベット最古の僧院と言われる。
  同時に、チベット仏教のあり方を決定的なものにした所謂「サムイェ宗論」の行われた場所でもある。
  仏教を国教にしたのはティソンデツェン王。八世紀のこと。そのティソンデツェン王が建てたのがサムイェ寺。寺としてはラサのジョカンやラモチェの方が古いが、僧が修行をする僧院としては、サムイェ寺が最初であった。
  建立の際、顕教の学僧シャーンタラクシタと密教の成就者、インド僧のパドマサンバヴァを招聘して、ボン教の呪いを祓う儀式を行ったと言われる。ボン教とは、仏教が伝来する以前からあったチベットの民間宗教である。この一事よりも、当時の両者の対立の厳しさを知ることができる。
仏教のなかでの争いもあった。インド仏教と中国仏教の主導権争いがあり、それに決着をつけようとしたのが「サムイェ宗論」である。ティソンデツェン王は、このサムイェ寺で禅宗の中国人僧とインド仏教の学僧を論争させた。その結果、インド仏教の学僧が勝利し、王はインド仏教を国教とする勅令を下した。
  初期のチベット仏教を語る上で忘れることができない寺である。
また、この寺は「立体マンダラ」と言われるように、寺全体の建物の配置が仏教の説く宇宙の構造を表象している。円形の敷地内の中心にある仏殿が世界の中心である須弥山。北に月の堂、南に太陽の堂。須弥山の周りに浮かぶ四つの大陸を四つのお堂が表象する。
  ツェダンの西40キロ。ヤルツァンポ河を渡ってゆく渡し船がある。

青海チベットの旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp