ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
ラサチベット概況


チベットの概況

  略称蔵(Zang) 、省都:拉薩(Lasa)、面積 :122万8,400平方キロメートル 。位置 :北は新彊ウイグル自治区、青海省、東は四川省、南東は雲南省、南と西はミャンマー、インド、ブータン、シッキム、ネパールなどの国と隣接している。
  気候 :年間を通じて気温が低めで乾燥している。季節は冬が長く、夏らしい季節がない。最も暖かい7月の平均気温は15度以下、最も寒い1月の平均気温は0度前後。高度が上がると−20度から−40度というところもある。偏西風の影響で、冬季は風が強い。暖かい季節には夜間の雨が多く、時に雹を伴う。
  世界の屋根といわれる青海西蔵高原の中心をなし、海抜は平均で4千メートル以上もある。ネパールとの国境地帯にあるチョモランマ=エベレスト山は海抜8848メートルの世界最高峰。ヤルツアンポ河はチベット最長の川で、2002年になって発見されたヤルツアンポ河大峡谷の深さは5382メートルで、グランドキャニオンを抜いて、世界で最も深い峡谷。チベット仏教(ラマ教)の中心地。ポタラ宮殿、チョカン寺などの名所が多い。ヤクは高原の舟と呼ばれ、高原?雪山での運輸の中心となっている。その他、ヤギ?綿羊などの牧畜が盛ん。レアメタルをはじめ多くの鉱物資源が豊富。漢方薬材、セメントなどの産地。中央部がチベット語で「ツァン」と呼ばれたことから、中国語では中国の西にあるツァンという意味で西蔵と名付けられた。「チベット」の語源は唐代の吐蕃、元代の図伯特(それぞれ当時、チベットにあった国家)からといわれる。
  観光スポット:
  1. ラサ観光区:ラサ、ヤンバジェン、ダムション、江孜(ギャンズェ)、沢当(ズェダム)、日喀則(シガツェ)?羊卓雍湖(ヤンゾユムツォ)などからなる。主な名所はチョカン寺、ラモチェ寺、ポタラ宮、八廓街、ロブリンカと「三大寺」(ガンデン寺、レプン寺、セーラ寺)など。チョカン寺、ポタラ宮、ロブリンカと「三大寺」は国家重要文化財保護指定を受けている。
   2. チベット西部観光区:チベット西部?アリ地区。宗教観光が特色で、神山聖湖での観光を目当てにネパールやブータンから信者が訪れている。
   3. チベット南西観光区:登山観光が特色。
   4. チベット南部観光区:ニンチを中心とする。原生林や花畑など景観観光が特色。


ラサ (拉薩)

  チベット語で 「神の地」を意味するという。標高3650メートル。チベットを東から西へ流れる大河?ヤルツァンボ河の支流であるキチュ川の北岸にある。チベット自治区の政治経済の中心であると同時に、チベット仏教という祈りの中心でもある。
  観音菩薩の化身であるダライ?ラマの居住の地であったポタラ宮、巡礼の姿が絶えることない大昭寺。そのほか、ガンデン寺、デプン寺、セラ寺など、まさに「神の地」と呼ぶにふさわしい厳粛な祈りに満ちた街である。
  ラサは、同時に、「太陽の都」とも呼ばれる。標高3658メートル。強い日差しが照りつける。街をゆくチベット人の頬は紫色に焼けている。見上げる空はどこまでもコバルトブルー。そういう意味でも別天地である。
  成都から航空便で入るのが一般的であるが、普通の日本人は多かれ少なかれ、高山反応があるはずである。健康管理には十分な配慮が必要である。

青海チベットの旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp