ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
ポタラ宮概況


 ラサの町の西の端に位置するマルポ?リ(紅い丘)にある宮殿式建築群。チベット族の古建築の精華と言っていいだろう。「ポタラ」とは、「観音菩薩が住まう地」の意だという。観音菩薩とは、その化身とされるダライラマを意味している。
  十三階建て、主楼の高さは117メートル。総面積は十三万平方メートル。
  白宮と紅宮に分かれる。ダライ?ラマは宗教と政治双方の最高権力者であったわけだが、政治部門は白宮で、宗教部門は紅宮で執り行っていた。白宮は建物の下層と両側に広がり、紅宮は、白宮に支えられるように、中央部分の八階以上の高層を占めている。
白宮は1645年、ダライ?ラマ五世によって着工。完成後にダライ?ラマはデプン寺から移り住み、それ以来ずっと、ポタラ宮はチベットの宗教と政治の中心であり続けた。紅宮の完成は1699年。摂政サンゲギャンツォの時代である。
  観光は白宮から始まる。白宮七階はダライラマの住居で、現在インドに亡命中のダライラマ十四世の居住していた部屋もある。紅宮には歴代のダライラマのミイラを納めた霊廟が置かれている。なかでも目をひくのは五世の霊廟。霊塔の高さは十四メートル。3700キログラムの黄金と一万五千個の宝石が使われている。
  名高い「カーラチャクラ(時輪)立体曼荼羅」があるのは紅宮の三階。


青海チベットの旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp