ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

莫高窟


       莫高窟、または千仏洞、世界的に有名な仏教遺跡をとして、敦煌市東南の25キロメートルの鳴砂山の東麓にある。
莫高窟は前秦建元の2年間(西暦紀元366年)を創建して、現存のは491の穴、2,400の彫塑、45,00平方メートルの壁画があり、世界でも規模の一番巨大な世界芸術宝庫にと言われた。莫高窟の芸術特徴は建物、塑像と壁画の結合の点である。各洞穴は洞穴建築、彩色塑像と壁画で構成された。洞穴建築は主に、禅穴、中心塔柱穴、仏壇穴、仏壇穴などがある。彩色塑像は主に仏陀、菩薩、弟子、天王、相撲などがある。壁画の内容は豊富で、仏教尊像絵、仏経絵、仏教史絵、経変絵、人絵、飾り図案などがある。精巧で美しい彩色塑像と壁画はそれぞれの時代の芸術風格を反映して及び伝承して進展変化が現される。
       1900年、莫高窟の蔵経洞の中、5万数巻の宗教文書と世谷文書が発見された後、敦煌の芸術価値は世界で驚かせた。日本から寄付して、莫高窟で向かうの三危山の麓で、部分のもとの大きさの穴を模造して、莫高窟の観光内容は更に多彩になった。 これで、南北全長は1680メートルの石窟群を形成して、共存洞穴は700余り、彩色塑像は2000数着、壁画は45000平方メートル、木造洞穴は5軒、更に巨大な規模になった。



 

 

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp