ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

中国世界遺産-泰山


 

泰山 自然と文化遺産(1987年)
      道教の聖地で、中国五大名山の第一にランク付けされている霊山である。古くは岱山と言い、現在の呼称になったのは春秋時代のこと。秦代以前に72人の皇帝が泰山に登り、封禅の儀を行い、始皇帝も中国統一の功績を天帝に報告した。それ以来、歴代の皇帝が泰山に登るようになった。
      山東省中部に位置し、周囲80キロ、面積426平方キロ、主峰の玉皇頂は泰安市の北にあり、標高は1545メートル。古代の建築物群が20カ所、石刻が2200カ所あり、主に紅門宮、万仙楼、闘母宮、経石峪、中天門、竜潭ダム、中天門、五大夫松、対松山、十八盤、南天門、碧霞祠、瞻魯台、日観峰、月観峰、後石塢、扇子崖、傲峰、長寿橘、竜潭飛瀑などの観光スポットがある。
岱廟泰山の麓にある岱廟は泰山の神泰山府君(たいざんふくん)を祭る大きな寺で、歴代の皇帝は泰山に登る際には必ず岱廟で参拝した。岱廟の正殿、天殿は1009年の創建で、何度も火災で焼失し、現在のものは1668年に再建されたもの。間口49m、奥行き18m、高さ22mの大建築で、北京故宮の太和殿、曲阜孔廟の大成殿と並ぶ、中国三大木造建築の一つ。 本殿には、長さ62m、縦3.3mの巨大な壁画があり、当時の封禅の様子が描かれている。本殿中央には泰山府君(たいざんふくん)が祀られており、本殿を中心に、左右には鐘楼、鼓楼、漢柏院、東御座など多くの建築物が現存している。
このうち東御座は皇帝の宿泊施設で、殿内には泰山三宝と呼ばれる乾隆帝からの賜物が展示されている。そのほか廟内には李斯の泰山刻石や歴代名書家の石碑が数多く展示されている。
      岱廟境内には樹齢2000年を越えるという漢柏が5本残っている。山頂近くには碧霞祠(へきかし)があり、木造古建築が残されている。
      泰山の麓の紅門から頂上の南天門まで6293の石段があり、片道五時間前後。最も険しい登山コースは松山の麓から南天門に至る『摩天雲梯』で、俗に十八磐と称され、全長は1キロ余り、垂直の高さは400メートル、石段は1594段ある。石段は泰山の片麻岩でつくられている。