ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

中国世界遺産-盧山


 
盧山国立公園 文化遺産(1996年)
      中国の江西省にある廬山。その北には揚子江が流れ、南には朸陽湖に臨み、絶壁が険しい群峰が聳え立ち、まるで天から飛来してきたようである。面 積は約300平方キロ、最高峰は大漢陽で、海抜1474メートル。盧山には雄々しく、不思議で、美しくそびえ立つ峰々、変幻きまわりない雲海、いろいろの形の神奇な泉と滝、悠久な文明をもつ歴史旧跡、温和湿潤な気候があり、中国の有名な風景遊覧区と避暑地、寮養地である。
      河川や湖泊が多いおかげで廬山の夏は涼しく、雨も多い。春の終わりから初夏にかけては谷間一面が雲や霧に覆われ、合い間に峰々が見え隠れる。消えては立ちこもる雲霧が廬山にいっそう神秘的な魅力を与えている。
      廬山には早くから「神仙」の伝説が伝わっており、晋代の高僧慧遠は、東林寺を建てて「浄土法門」宗を創立した。歴代の詩人や学者も名声を慕って廬山に登り、数千の詩歌や詞賦を残し、白鹿洞書院など儒学学校が残され、廬山は中国の封建時代における重要な宗教聖地と儒学文化教育の中心となった。