ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

中国世界遺産-麗江古城


 
麗江古城 文化遺産(1997年)
      かつてアメリカの地理学者ロカは、ナーシー(納西)族の古代王国を研究するため麗江を訪れ、27年もの間、この地に住み続けた。晩年の彼は「玉竜雪山で死にたい」と心の内をもらしていたという。麗江はそれほどに魅力にあふれ、人々の憧れの地であり続けている。
麗江は、雲南省西北部、海抜2416メートルの高原に位置する。ナーシー族の古都として、伝統的住居に代表される民族文化を今につたえ、1997年、ユネスコの世界文化遺産に指定された。
      麗江の都が造営されたのは、宋代末から元代初期(13世紀末)にかけてといわれる。当時、漢語では「大研鎮」と呼ばれ、ナーシー族の言葉では、「グゥベン」とか「イクディ」などと呼ばれていた。「イクディ」とは街を流れる金沙江の後背地、というような意味、「グゥベン」は米倉、つまり米の集散地という意味だという。明代初期(14世紀中ごろ)には、麗江は相当な規模の都となり、雲南、四川、チベット一帯の交通の要所だった。清代以降、17世紀中ごろには、麗江は雲南西北部の物資の集散地として、重要な役割を果たすようになっていた。また歴史の一時期、インドからチベット、雲南一帯に向かう隊商たちの通路となっていたこともある。険しい山岳地帯を移動するこうした隊商は馬を連ねたもので、主に茶の取引きをしていた。彼らの移動したルートは「茶馬古道」とも呼ばれるが、麗江は、彼らにとっても重要な街だったのだ。
      ナーシー族の女性たちの服装は魅力的だ。年配の婦人も、うら若い乙女も、みな腰には独特のスカートのような布を巻き、羊皮のショールをはおっている。ショールの背中には「七星」と呼ばれる、丸い模様が七個縫い付けてある。七星は、日、月、星のシンボルで、ナーシー族の女性たちの賢さと勤勉さを象徴するのだという。
      街の西にある獅子山には、木造、五層の楼閣があり「万古楼」と呼ばれる。上層からは麗江の街が遥かに見渡せ、15キロ離れた玉竜雪山も遠くに見える。獅子山のふもとに、かなりの規模の建築群が目に入るが、それは明代以来、この地を支配した土司(土地の少数民族の指導者に皇帝が与えた世襲の官職)の木氏の官邸だ。清代以降、建物は何度も破壊され無残な状態になっていたが、近年、修復された。官邸に入ると、まず石の牌坊(鳥居形の門)が目につく。そこには「聖旨」「忠義」と文字が刻まれた二枚のへん額が上下に掲げられている。明の神宗(1573〜1620年)の筆と伝えられるもので、当時の土司と中央政権との密接さを見て取ることができる。ただしこの牌坊の原物は「文化大革命」中に破壊されており、今の建物は近年復元されたものだ。それは確かに一つの代替品にはなっているが、ナーシー族の歴史の証人である牌坊は、永遠に失われ戻らない。建物は、正殿、光碧殿、玉音殿、三清殿、御園と、一列に奥に連なっており、全体の構造は故宮を思わせる。