ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

中国世界遺産-黄山


 

      黄山 自然と文化遺産(1990年)
      黄山は安徽省南部に位置し、世界文化遺産ならびに世界自然遺産に数えられる。中国十大名勝の中で唯一の山岳風景でもあり、中華民族のシンボルという誉れをうける、人間界の別天地である。古くより「五岳帰来不看山、黄山帰来不看岳(五岳から帰ってくると山を見ず、黄山から帰ってくると岳を見ない)」の美称があるほどである。
      黄山市は、風光明媚な自然で名が世界に知れ渡っているだけではなく、文化的な面での見るべき所も非常に多く、特に古くの徽州地区は、文筆を行う気風がとても盛んであり、且つ経済的にも発展し、多くの人材を輩出した。その中でも県の西宏村はとりわけ世界文化遺産に連ねているのである。明代の劇作家である湯顕祖は、黄山の出身ではないにもかかわらず、「一生痴絶処、無夢到徽州」と言う言葉に、感嘆と一生で黄山を遊覧する機会が得られなかった後悔を託している。 黄山の奇跡:154平方キロにも及ぶ土地に山々がそびえ立っている。多くの山々の名称はその形から取られており、その山々のうちでも「蓮花」、「光明頂」、「天都」は最も重要な三山であり、その高さはみな1800メートル以上にまで到る。これらの山々はみな花崗岩体であり、通常は垂直であり接合点は連なっている。風化浸食と断烈が、これらの岩石が巨大な石柱に変形するのを促進させ、その結果高い嶺と深い谷が生まれた。空が曇っているとき、これらの高い山は霧のなかに見え隠れし、一面まぼろしの世界のようになる。空が晴れ渡るときはその威厳と壮麗さをいっぱいに広げる。
      黄山の顔色と立ち姿は四季の移り変わりにしたがって絶えず変化する。春は、満開の花の鮮やかな色の彩りが入り乱れ、その飾り付けはいたるところで盛り上がってくる。夏になると、あなたは青と緑の山々を見ることができるだろう。泉の水は歓楽地でこんこんと流れている。秋には黄山の装いが整い、紅、紫が交互に交わる世界があらわれる。まさに楓や紅葉などの真っ赤な季節である。冬になれば、山々が氷と霧の世界に様変わりし、あらゆる所に銀色の枝、銀色の石が。それゆえ、古くから現在に至り多くの観光客が黄山に訪れ、その神秘を探しもとめ、その美しい景観に驚嘆し感動するのである。人々は次第に黄山の四大特徴とその吸引力とをまとめてきた奇松、怪石、雲海、そして温泉。実のところ、黄山は花崗岩を見ることができる場所にたどり着き、とりわけ以下の景勝地がある:温泉、玉屏楼、西海、北海、雲谷寺と松谷庵。