ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
   
 
武 候 祠 概 況
    武候祠は著名な三国時代の名所旧跡をとして成都市の市内にあります。1961年、ここは中国国務員に全国重点文化財として指定されました。三国時代には魏と呉と蜀の三国が鼎立していてこの当たりは蜀と呼ばれていました。曹操と曹丕の親子は魏の国を造り、黄河流域の大部分の土地を支配して都を洛陽に置きました。孫権は呉の国を造り、長江の中流と下流地域を占め、南京に都を置きました。四川と云南と貴州などを占領した劉備は蜀の国を建て成都は当時の都でした。日本版の[三国志演義]は皆様に人気があるそうで、諸葛亮や劉備や関羽や張飛や?雲などがその時の風雲です。
    今の武候祠は諸葛亮と劉備を祭ったところです。諸葛亮は生前に武郷候に任命され、死後は忠武候という贈名が与えられました。昔の武候祠は諸葛亮の慰霊のところだけです。この祠は6世紀の始めに劉備を祭った[昭烈廟]と並んで建てられたのです。昭烈とは劉備の死後に与えられた贈名です。14世紀の末になって武候祠は昭烈廟に合併されました。ですから,武候祠の正式の名前は[漢昭烈廟]で、ここは蜀国の君臣紀念館というべきです。ところが,人々は君主の劉備を上回る諸葛亮の才能と人徳をしのんでこれに因んで武候祠と呼ばれるようになりました。
    武候祠は南向きで1本の中?線上に並んだ正門、二門、劉備殿、吹抜け、諸亮殿などの主な建築があり,敷地の総面積は37万平方メートルもあります。この旧跡は前の部分は祠と博物館で、後はこちんまりとした庭園です。中には蜀国歴史上の人物彫像が47体、石碑53基、?61枚、鼎、香炉、鐘、太古が10点余り収蔵されています。入ると,通路の両側には六つの大きい石碑が立っていますが,その中の四つは清代のもので,一つは明代のもので,一は唐代のものです。清代の石碑は武候祠の建て直しと修築状況が刻まれ、明代の石碑は主にこれの歴史沿革を記録していました。その中,唐代の石碑は歴史上非常に有名なものです。文章、書法、石刻技術ともに極めて優れるので,[三絶碑]と褒め称えられています。この門をくぐって劉備殿です。大きい殿堂に金箔張りの塑像があり、劉備や諸葛亮や関羽や張飛などのです。まだ、武官と文官それぞれ14人、全部28人の塑像が並んでいます。壁には諸葛亮の名文[出師表]、有名な[隆中対]の物語が掛けてあります。吹抜けを通って諸葛亮殿になります。真ん中、金箔を張った塑像は諸葛亮で,両側のは息子と孫の諸葛瞻諸葛尚です。両側の部屋は諸葛亮史跡陳列室で,それの生前事業や功績を記録した資料を展示しているのです。後には,池や石橋や竹林があって素晴らしい庭園です。赤い壁に挟まれた小道を伝っていけば,突き当りに劉備の墓です。この墓は高さ12メートルもあり、回りは180メートルもある壁に囲まれています。史書の記録によればこの墓の中に劉備のニりの夫人も葬られたそうです。側には三国時代の軍事闘争、経済発展、社会生活、文学芸術及び三国文化が後世に与えた強い影響を紹介しています。歴史の名士がたくさん武候祠に来られたことがあり、たいてい有名な詩文や対聯などを残したのです。三国の遺址をとして重要な名勝旧跡です。


四川の旅ルート一覧


当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp