ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
   
 
青 城 山 概 況
      青城山は成都市の西66キロメートルのところにあり、山の林木は青々と茂って、重なりあった美しい峰、形は城のように、だから青城山と言われた。中国の4A風景区として、"青城天下幽と称えられた。 ここも我が国の道教発祥地の1つである。
      後漢の晩期、道教の創始者ー張道陵はここで壇を設けて道教を布教して、次第に道教景勝地になった。盛んの時、青城山の道教宮殿は70余り個所もあり、現在まだ遺跡の38所がある。その中、一番有名なのは建福宮、天師洞、三島石、祖師殿、
朝陽洞、上清宮、天然図画、金鞭岩、石筍峰、丈人山などがある。 青城の山々は主に礫岩で構成し、36峰の中、最高海抜は1600余り米。ここの宮殿は、漢時代から、歴代の宮殿や文化財や旧跡が残った。中国の重要な名所旧跡である。
      青城山の周囲は、800平方キロで、前山は文化財を主にとして、後山は自然景色で四季常緑、峰々はめぐって、景色は静寂で、後山には泰安寺と沙坪があり、中心地は山岳地帯で、自然の景観で主とする。


四川の旅ルート一覧