ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

 

 四川観光局旅行契約書



一、コースの内容とクラス、当社が旅行者との間で 締結する主催旅行に関する契約(以下「主催旅行契約書」といいます。)お客様 の方は甲方をとして、わが社の方は乙方とします。

第1、約款事項 標準コースを参考にしてください。
第2、費用の説明:
1、(事項費用)甲方はコースより、旅行代金を支払ってくだ さい。費用は下です。

1)、いろいろな証明書とか許可書などの手数料。
2)、い ろいろな交通料金。
3)、乙方は旅行日程により、甲方の食事と宿泊代などを手配する。
4)、乙方は風景区の始めての入場券を代理する。
5)、旅行発生後、空港 、駅、ホテルなどと風景区の送迎費用。
6)、サービスを提供した費用。
7)、両 方の取り決めた費用。(上の費用は、政府が突然、値上げしたと値下げした場合 、中国の契約書法律により、キャンセルするか補充する。)

2、甲方はコースより、含まない費用。

1)、空港の建設費と税金など。
2)、甲方の 個人の費用:例えば、病気の治療費、洗濯費、按摩費、電話料金、酒料金など。
3)、甲方のほかの保険料金など。
4)、甲方のセルフ費用。

二、双方の義務

第3、甲方の義務

1、甲方のパスポートなどの資料は実だ。
2、甲方は元気で旅を始 める。
3、貴重なもの、甲方は適切に預る。
4、甲方は団体の利益のため、スムー ズに観光。子供は大人の連れられる。
5、甲方は観光地の宗教、生活習慣、民俗な どを従う。

第4、乙方の義務

1、旅中の制限は、乙方が甲方にご注意。
2、乙方は甲 方の書類とかパスポートなどを受け付ける時、壊れたか落とすか、弁償するはず です。
3、日本からの添乗員がない団体ツアーの場合、乙方は詳しい観光地とホテ ルを説明するはずです。
4、乙方の原因ではない、交通機関が遅れると、弁償があ る場合、乙方の責任は協力に弁償に求める。
5、買い物について、お客さまは自由 に買う。
6、ホテルなどでは、お客さまのパスポートを忘れないように、甲方の責任。

三、甲方の違約した場合、

第5、旅の開始後、乙方は旅を取り消した場合、起こった費用があり、違約の費用 を支払ってください。
1)、旅開始日の前5日の場合、旅行代金の10パ-ーセントの 分、支払ってください。
2)、旅開始日の前4日の場合、旅行代金の20パーセント の分、支払ってください。
3)、旅開始日の前3日の場合、旅行代金の30パ-ーセントの分、支払ってください。
4)、旅開始日の前2日の場合、旅行代金の40パ-ーセ ントの分、支払ってください。
5)、旅開始日の前1日の場合、旅行代金の50パ-ー セントの分、支払ってください。
6)、旅開始後の場合、旅行代金の100パ-ーセントの分、支払ってください。

第6、出発日、集合時間が遅れると集合地が違うと、 旅行契約書の取り消しをとして、上の6)に参考、対応する。

第7、旅中、甲方は 自分の原因でツアーを離れると、旅行契約書の取り消しをとして、旅行代金のキャンセルできない。

四、乙方の責任

第8、乙方の原因で旅のイベンドを取り消した場合、支払った費用をキャンセルした後、違約金は下に参照。
1、旅開始前の4日、旅行代金の10パーセントの分、支 払う。
2、旅開始前の3日、旅行代金の20パーセントの分、支払う。
3、旅開始前の2 日、旅行代金の30パーセントの分、支払う。
4、旅開始前の1日、旅行代金の50パ ーセントの分、支払う。
5、旅開始発前、旅行代金の100パーセントの分、支払う 。

第9、飛行機と列車と船などが遅れるほか、乙方の原因で、遅れる時間は2時間 以上、甲方が残った旅をやめると、残った旅行代金をキャンセルするはずだ。乙 方も5パーセントの違約金を支払う。

第10、乙方の原因で甲方の旅を諦めると、乙方は残った旅行代金をキャンセルする及び30パーセントの違約金を仕払う。

第11 、甲方の意志に反し、乙方は他社にツアーを売ると、乙方は旅行代金20パーセントの違約金を仕払う。

第12、乙方はツアー出発の前、ツアープラン表を提出しな いと、甲方は契約書を取り消す権力がある。

第13、乙方の原因で、甲方はある観 光地の観光時間が1時間以上削減された場合、乙方は部分の入場券費用をキャンセ ルするはだ。 五、他の予約について 第14、甲方は今度の旅の義務と権力を他の人に渡すと、乙方の同意が必要だ。

第15、旅行契約書を変更した場合、両方は話し合いで解決する。増える費用は変 更の方が負担になるはずだ。

第16、戦乱か天災地変か暴動か官公署の命令か運送宿泊機関等の旅行サービス提 供の中止か旅行参加者の生命又は身体の安全確保のため必要な措置などにより、旅の変更と取り消した場合、増える費用は双方負担になる。

第17、ある方が違約した場合、損が大きくなる防止の措置を講ずる。講ずないと 、増える費用が弁償できない。

第18、旅行契約書の論議があると、話合いで解決するはずだ。だめなら、四川観光局に起訴ができる。

第19、旅行契約書をサインしてから、有効になる。旅の終わると、無効になる。パンダの旅