ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ

四川料理
  中国は種類が多いで、各郷土料理にはそれなりの味があります。四川料理とは中華料理の四の一つでとても有名です。四川料理が悠久の歴史となって唐代からも中華に名を知られりました。明朝の末、四川料理が唐辛子を調味料としてからおかずが辛みの風をつけてきました。山椒の激辛と唐辛子の辛い味を頭に浮き出す。しかし、四川料理は辛いものがからいですが、あっさりしているおかずなどもあります。清朝の時代、余所の官吏が調理師を四川に連れてきたので、四川料理が他所の料理の風格を受け入れて独特な調理法になってきました。四川料理の品種がもう4000も達し、名物のは300余りいます。調理の芸術品といわれて目で楽しみ、食べると味が大変おいしいです。
多く見られる味は塩み、辛味、新鮮で,また、いろんな味が混じている奇怪な味があるものです。四川料理は調理法が巧妙なので味が豊富になります。いためものやおせち料理や蒸し煮や焼き物や醤油煮や炒め煮や空揚げや和え物などがあります。これらの調理法は各種の風味ができて大衆の食卓に極めて豊富です。四川料理の名物はいろいろあります。


バンバンジー(棒棒鶏)
  バンバンジー、別名は“楽山バンバンジー”、“嘉定バンバンジー”である。この料理は楽山漢陽堤から始めて、優良品種の漢陽のニワトリを使って、煮てから、木の棒で鶏肉をふわふわして柔らかくたたいた後に食用する。中国の料理史の上で、かつて木の棒でたたく有名な酒肴の“白胸”があり、賈思?の《齊民要術》に見える。しかしその棒で打つ目的は肉を締めるのである。バンバンジーを作る時に棒で打つのは、ニワトリの筋肉をふわふわさせ、調味料に味がよいやすくならせ、食べる時に咀嚼しやすいためである。



おこげ肉片
  おこげ肉片の特色は独特で、この料理を出す時、ボーイは片手で黄金色の揚げたおこげを盛った皿を食卓に載せ、別の片手で熱い汁のスープの碗を持って、迅速に熱い汁をおこげの上にかけ、音を出して、すばらしさに満ちている。おこげ肉片は、四川の特色の有名な料理である。おこげで料理を作って、清朝にすでにあった。乾隆帝は江南をおりて、江蘇でこの料理を味わった後、かつて「天下第一料理」と「平地の雷」の名声を賜った。《成都通覧》もその時有名な「酔霞軒」、「味珍園」などの料理店が"おこげナマコ"などの料理を供給するのを記載している。抗日戦争の時に、重慶などの料理店はまた数十年来"おこげ肉片"に盛んに行われてから、この料理はずっと顧客の歓迎を深く受けられている。



マーボ豆腐
  マーボ豆腐は中国の豆腐料理の中で最も地方の特色を富んでいる料理の一つで、すでに世界でも流行する四川の有名な料理になった。この料理は百年余りの歴史があって、成都の「陳マーボ豆腐店」の後の世まで伝わるごちそうである。この料理の特色は「焼」法で煮たので、真っ白で柔らかい豆腐の上で、くり毛色の牛肉粉と光沢のある深緑の青いニンニクの芽に飾りを添えて、周りに1周の明るい赤い油は、玉は琥珀を埋め込んだようで、麻、辣、熱く、柔らかく、歯ざわりがよく、香、新鮮な独特な特色を持っている。



ギンナン・ローストチキン
  ギンナン・ローストチキン」は成都の青城山地区の伝統の有名な料理である。青城山は景色が優美で、静寂で有名なのである。ここの飲食のおいしい食べ物は一般のものとは異なって、そして「四絶」の称があって、つまり第一絶は「洞天貢茶」で、お茶の質は優良で、汁の色は澄みきって、お茶の香りが濃い;第二絶は「ギンナン・ローストチキン」の汁が濃白で、鶏肉は非常においしい;第三絶は「青城の酸味のある漬け物」で、澄んで柔らかく、新鮮で、後味が深くある;第四絶は「洞天乳酒」で、酒の味は濃くて激しくなく、甘くてねばねばしないのである。



夫婦肺片
  創始者は郭朝華で,夫婦の二人で押し車を押して通りを沿いながら売り声を上げ、牛肉切れを売る、調合方法が適切、味がすばらしいため、「車が道サイドを歩き、肉の香ばしいが一本の通り」と称賛されている。夫婦肺片の成分に実は肺がなく、かえって牛肉、牛舌、牛の心臓と牛頭皮をとても薄く切って、一緒に混ぜる。人々に「薈片」と称される。聞くところによると好事家の学生がボール紙で一枚の看板を書いて車の上に貼ったが、“薈”と言う字を“肺”に書いて、そのため“夫婦肺片”がゆっくりと有名になったのである。その特色は:精選した肉、優れて配合した香料、厚さは平均で、攪拌して味がよい。肉の加工は牛肉がふわふわして、牛舌が柔らかく、牛の胃袋が脆く、頭皮が薄いのを達成している。配合された原料は上等のにがり、赤い油、中国パセリを選んで、セロリ、きざみネギなどを足して、混ぜたところに食べて、香ばしくて口に合う。


竜抄手
  今世紀の40年代に創始されて、その時春煕路の“濃花茶社”の張光武など何人の仲間が資本を出して一つの抄手の店を開設することを相談して、店の名を付ける時“濃”と言う字と発音が近く、“竜鳳は吉祥が現れる”の意味をも取って、 “竜抄手”に命名したのである。竜抄手の主要な特色は:皮が薄い、餡が柔らかい、スープがおいしいである。抄手の皮は特級の小麦粉に少量の配合する原料を加え、細くこすってゆっくりともんで、“薄くて紙のようで、細くて絹織物のよう”の半透明の物を伸ばして作る。餡は柔らかくてなめらか、香ばしくて口に合う。竜抄手のもとのスープはニワトリ、アヒルとブタの体のいくつかの部位の肉を使い、激しく煮込んでからゆっくりととろ火で煮込んでなるのである。もとのスープが白くて、また濃く、また香ばしい。(注:抄手がすなわち北方の“ワンタン”で、広東、広西人が“雲呑”と称する)



竜井サウナエビ
  竜井サウナエビは聞くととても面白く思わせ、特製の銅のたらいを用いて、たらいの中部は銅ネットで隔たりをして、新鮮なエビは一層を置いて、たらいの底に燃やして赤くなる長江の玉石を敷いて、花彫酒、しょうがの千切り、ネギの千切り及びうまく浸した西湖の竜井茶を入れて、酒、お茶は熱の石に会って蒸発、しばらく蓋をしてから開けて、霧が漂う中に濃厚な酒の香と竜井茶の香を発散し、“サウナ”を蒸したエビは赤くてつやつやしていて、食べたらさわやかで柔らかく、本当にエビの中で最高級品である。


 



成都の有名な小吃店

レストラン
レストラン
アドレス
電話
竜抄手餐庁
成都市春煕路南段8号
86676245
鐘水餃餃子館
成都市駅商場1階
83339891
陳麻婆豆腐店
成都市北門大橋解放路241号
83331636
珍珠圓子
成都市大慈寺路
86666093
頼湯圓
成都市総府街27号
83519241
夫妻肺片
成都市火北站成都大酒店?面
83318838
担担面
成都市太升南路108号
86744134
川北米粉
成都市星路四段3号附6号
86666269






当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
わが社の住所:成都市一環路南3段15号3階 四川省中国旅行会社本社313室
Skype: sctabi   電話:0086-15328037757、0086-28-61761437   ファックス:0086-28-61761437
業務メール:sctabi@yahoo.co.jp     sctabi2@yahoo.co.jp      蜀ICP備06012801号