ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ


四川古鎮



 
四川古鎮

1、良中古城(門に良がある漢字)
成都からの距離290キロがある良中は中国で完全に保存された四大古城の一つである。古城の総面積1.78平方キロもある。古い建築は中国古代の典型的範例で、代表したものである。古城構成は碁盤式で南北風格を融かして形が変わっていて美しい。
良中の文士は輩出したので、これと相関的名勝旧跡はたくさんある。
古城には、曲がった幾十条町内もあり、整然の青石道と通りの両側に赤い提灯を掛けている桶屋と店を見てあなたに雰囲気を感じることができる。
古城の建築は大部分明清時代の中庭式四合院で、少量は唐宋時代の閣楼で、様々な四合院は人里離れて静かな路地を構成した。
主要な古い町内は武廟街、大東街、糧米市街、争聖庵街、白花庵街、筆向街、礼拝寺、
双柵子街、学道街、塩市口街、南街などがある。有名な三国遺跡としての張桓侯祠は武廟街の突き当たりにあり、相関的なポイントは張飛墓、花園などがある。
壮観な滕王閣には唐代石塔、閣楼、払雲閣、玉台山荘がある。華光楼は大東街の突き当たりがあり、雄大な表門楼は1867年の建築でトリプルの軒、青緑色の屋根、
木構造をそろえる。川北貢庭は古代試験したローカルで、学道街にあり、大きい深い四合院が前庭裏庭を分ける。
双柵子街3号の中庭式四合院は同様に特色があるローカルで、2個前後を分けてたくさんの収蔵品があり、、前庭文化雰囲気は濃くて、裏庭にはいろいろ草花が栽培され、院中で茶を飲むととてもレジャーする。
良中古城にはまだ多くの見所があり、例えば白花庵街のプラタナス、柳楊井の天主堂、筆向街38号の馬家住宅、塩市口12号の小さい庭、学道街の神農薬膳、
錦屏山の杜工祠と陸放翁の祠、大仏寺、白塔、状元洞、張憲祠、魁星楼、呂祖殿、観星楼、観音寺、天宮庭など。
永安寺も有名で、古城から40キロメートルがある。
古城には特色のある旅館は、例えば、秦家旅館、孔家旅館、武廟遺韵、杜家旅館など。ここの民間燭芝居、皮影、切り紙、堪は中国民間芸術の至宝と称する。

2、古鎮黄龍渓
黄龍渓は成都市東南35キロのところにあり、1700年歴史の川西古鎮である。
鎮内には、明清時代の建築がたくさんあり、完全に保存された。青石板で敷いた通りの面と木柱の屋根と
彫刻した窓の欄などは人に古風で質朴の静かな感じである。鎮内にはまだ6本、樹齢1000年以上大きい榕樹もあり、うっそうとして天が日を覆うことを遮る。
鎮内の古寺は鎮江寺、潮音寺、古龍寺があり、毎年の旧暦6月9日と9月9日のの縁日は、賑わいは非凡である。
人里離れて静かな古い町内は、ねじ曲がっていて、両側にはいろいろな小さいレストランがあって、例えば魚香子、呂回頭、唐バター屋など店がある。
古鎮の豆花も有名で、ほとんどに軒並みの店もでき、ただかつそれぞれで特色がある。
毎年の旧正月 、黄龍渓の火竜で遊ぶことを行なわれる。毎年の端午の節句、ここは竜船を競うことを行う。特別に、黄龍渓は、いままでも毎日、保留されている2時間が夜回りする習俗、さらに観光客に前はあたかも帰着したことです。

3、洛帯古鎮
洛帯古鎮は成都北東の15キロの所にある。言い伝えは三国蜀漢の皇帝劉禅の玉帯が町内の八角井に落ちたので、これで名づけた。
鎮の客家住民は2万人ほどで、中国西部客家の第1鎮と称えた。
洛帯古鎮は比較的に完全に客家文化を保存していて、古鎮及び周辺の住民は大抵広東移民の後裔で、
として、だから文化と飲食と言語は広東特色がある。
古鎮にはいろいろな精美の建築もあり、有名なのは広東会館と江西会館と湖南会館などです。
古鎮は古い街が二つがあり、これらの華れいな建物の会館は清朝の時、建築され、基本的に両百多年の歴史を持っている。     


4、仙市古鎮

仙市鎮は自貢の釜渓河畔にあり、1400の多年歴史を持っている。以前、ここは自貢井塩運輸の必ず経る地で、古塩道の真珠といわれた。
この町にある4街、4路地、5寺廟、3埠頭、3牌坊、9碑などの建築群は規模も大きいで、それでこの古い町の美名に由来する。
明清時代の建築特色を持っていた南華宮と天上宮は赤い壁、緑の屋根、木彫りの鳥類と獣類及び花草の虫の魚、造形は本物そっくりである。
また有名なのは、摩崖摩石刻、石窟観音、月亮井など。
仏像の林立してる金橋寺のベルは古い町から聞こえて、夢になるそうである。

5、仏(福)宝古鎮 
福宝鎮の別名は仏宝鎮で、すでに300以上の歴史を持っていて、四川民居の代表作品である。
古鎮は合江県の東南42キロのところにあり、ここの建築特色は山地楼閣である。解放前、仏宝といわれ、解放後、改名して福宝といわれた。
福宝は、山によって水に近づき、五の橋もつなぎ、三つの川も合流し、古鎮の回りは青い山で、河岸の緑の竹は風を揺り動かす。
古鎮の閣楼は地形により変わっていて、高低はまちまちで、道は青い石で敷いたので両側の桶屋は並べている。
特別に、外界の破壊が受けないので、まったく古い雰囲気も強い。回龍街はこの町の主な通りで、木の楼が山を下げて勢いとして起伏を並べている。
家屋は明清時代の風格で、木構造のために建築して、灰の瓦、白い壁、青石板の中庭である。
町の中には回龍橋があり、3つの宮殿、8の廟なども隠れて互いに引き立て合うこと、美しい輝きを配布している。
そのうちは古鎮の小さい通りは3メートル幅広くできなくて、狭い所はただ人を許す。
いまも古い町には寺廟、、仏塔、彫塑、旅館、芝居楼、絵壁などが現存している。


6、古鎮雲頂寨
隆昌の雲頂寨も四川の有名な古鎮の一つである。すでに500の多年の歴史がある。
城壁全長の1640メートル、平均の高さは5.2メートル、ベースは幅広く6メートル、天辺平均の幅は広く4.2メートル、
総面積は245畝である。構内にはは4の池があり、井戸もひとつあり、古代の金持ちの人家の城である。
最初、 明朝時代の郭家はここで大きい住宅を造った。清代の時、郭氏家族はどんどん発展して、四川隆昌の旧家の望族になった。
その後、山頂に小屋数間を築き、城になった。
ここも中国の石牌坊の故郷で、近くには石牌坊も多いで、見所である。


7、夕佳山古鎮
夕佳山古民は中国の完全に保存された古代民居群の一つで、全国重点保護文化財である。
江安県の南東の20キロの夕佳山村にある。 民居の総面積は68万平方メートルで、明代の古建築でいままでも完全に保存された。民居の総面積は68万平方メートルで、
門から入って、前庁、後庁、両側の耳房、、二つの大きい四合院を構成する。蘇州園林のように、家屋の123間、いろいろな庭、古い小橋、竹がある築山など。
シンメトリを左右した構成は、芝居台、飴園、倉庫、蓮の池、琴屋、書斎など。
その後ろ、後花園、西花園、東花園もあり、宋時代の風の建築である。木造建築の家でいろいろ彫刻もあり、その中、魚と樵と耕と?という4漢字は明代の造ったもの。
門には福の禄寿禧と福運長青と福山寿海というの彫刻がある。 また、古鎮の辺りには、トーチカがあり、花園中には200の多年の黄桷蘭があり、100の畝の300年以前の植えさせた楠林がある。

8、李庄古鎮
李庄古鎮は宜賓東郊揚子江南岸に位置して、いままでもう1500年歴史を持っていて、揚子江辺境の千年古町である。古鎮の構造は寺廟、宮殿、観堂が組成して、四川省の重要保護文化財である。
完全に保存れた古民居四合院は自分の建築風格があって、ここの四絶は螺旋殿、奎星閣、九龍石碑、百鶴窓である。
古い町内は青石板で敷き上げ、両側の清代民居木造で彫刻したドア窓、風火山の壁など、昔のこと思い出であろう
特別に、ここの船は魚のレストランをとして、いろいろ新鮮な魚を食べることができる。

9、龍華古鎮
龍華古鎮は四川の南にあり、北の楽山からの距離は140キロ、西の宜賓からの距離は120キロである。
龍華は山によって水に近づき、町内の龍華寺で名の取られた。この町の歴史は三国時代からので、古い建築の歴史は1800年ほどである。
大きな山で、龍華は完全に保護された。歴史風貌を残して、古い橋、古い通り、古い路地、昔風は濃厚である。
特別に、ここの風雨橋はとても美しい。橋両側の民居は並べていて、小橋、流れ、小船、木、人家などを組んだ美景は絵のようである。
涼橋を過ぎて、古寨門があり、清代の街は河街、新街、長街といわれ、広さは4メートルで残ったのは歳月の遺跡である。
古い通りの両側は純粋な木構造家屋で、高低はまちまちで、重畳あって、町の中心に延びる。
河街は川に沿って造って、新街も古い通り、長街は長くない、みなも清代の建築である。
見所は龍華寺、禹王宮、古寨門、兵営など。大きいな八仙山大仏を立てることが。
古鎮の住民の民風は純朴である。

10、羅城古鎮
羅城古鎮は?為県北東部に位置して、距楽山市の60キロ。古鎮の主要通りは涼庁街で、船形街といわれた。古い町は明代の1628年から造ったので、
今に至って、明清時風貌が保留された。この船形町は全長2000のメートルほどで、、広さは650メートルほどである。町内は南北とする向かって、両端は比較的に狭くて、中間は広い。
通り中の芝居楼は高くそびえて、高揚のような風の帆である。通りの最後は霊官廟である。
町内両側にはそれぞれの一列の街路樹があり、船の苫ようでで、また“船庁街と言われた。
羅城の古城の構造は国内外専門家の重視を引き起こした。1983年、オーストラリアにはメルボルンに羅城風格を真似て成功した1個の中国観光衛星城がある。

11、鉄仏古鎮
鉄仏古鎮は資中県城西の24キロの所にあり、町中の鉄仏寺で名付けた。
この町は1788年造り上げて、古い通りは山形で布石をして、形は鎌に似て、リニアのは延びる。
清代の民居で、民家の封火壁がある。
200年で鉄仏鎮の古い民家は依然として矗立つ。
夕焼きの光は壁にあたって、古鎮のお年寄りはタバコの葉を吸っていて、ゆったりしている。


12、羅泉古鎮
羅泉古鎮は仁壽、威遠、資中県の交差点にあり、同様に四川省歴史文化名鎮と中国の100個の千年古鎮の一つである。
ここの民風は純朴で、清代の民居は完全に保存された。古鎮の大通りは一つだけがあり、長さは2.5キロで広さは4メートルである。
通りの両側は茶褐色の桶屋と華れいな建物とそり反った軒先に立てる角である。生産食塩で有名な羅泉は、秦代にすぐ鎮になって、たくさん鹽井がある。
現在の古鎮は保存された塩神廟があり、廟内には高い芝居台がり、向こうは管仲塑像である。清朝の末年、町には45個のレストラン、
数十個の芝居楼、10個所の茶屋、10個所の賭博場などがあり、
まだ9箇所の宮殿と18箇所の寺廟もあった。いまは、遺跡だけで、老街の茶屋も多いで特色があり、龍門陣といわれた。
町の豆腐宴席の味はとても美味しい、石臼で豆乳を磨いたもの。

13、肖溪古鎮
肖溪古鎮は山によって水にそばに寄る。摩岩山の石刻は有名で形態がそれぞれことなる。
岩山を摩擦する崖を摩擦することは塑像形態を石刻してそれぞれであり異なっている。
林木はうっそうとしている渠江両岸は、河の中、魚をとる舟が行きたり付き合って向かい、
漁民の歌は答を謡って、町はいかにもにそう見えること格別で捉え所がなくて、人は古鎮の世外桃源に入るようである。  
町の通りも古く、家屋も古く、仏も古く、石碑と扁額も同様に古い。
竹薮の草むらの辺、樹木林の中、造形の珍しい石板小橋はその間まちまちシにある。
小橋、流れ、人家という境地は映画の中だけが見える。古い町の寺や石碑は清代のもので、楊儀寧石墓の勢いは大きく広くする。
これなど、きっとあなたに戻ることを忘れることにふけることができる。


14、妻江古鎮
妻江は2000年以上の歴史を持って、三台県に位置する。現在の古鎮は明清時期の建築が多いで、町内にある古街道、古寺廟、古石橋などはこの町の歴史が証明できる。
漢代の?王墓と晋時期の摩崖石像群は全国重点文化財をとして保護され、唐宋時代の摩崖塑像と芝居楼と火壁なども見学値打ちがある。

15、江口古鎮
江口古鎮は彭山県の一番古い町で、いままでもう2000年の歴史を持って、県の北東、岷江東にある。
明代から、江口に改名された。
町内には古い遺跡が多いで、、墓群、古い店、支柱で支え作られた桶屋、古い榕樹などは古い雰囲気が溢れる。
近くに仙女山省の級風景景勝区がある。 

16、恩陽古鎮
恩陽鎮は巴中の南西に位置し、すぐ隣の恩陽河、3.5平方キロを占め、この辺り一番大きい町である。
いままで、恩陽古鎮の完全に保存された街は28本もあり、そのうち、明朝の民居通りは非常に特色がある。
この街の民居は50個所で、両側は全部木造の桶屋で家屋が多数2層になっていろいろ彫刻した建築である。
上層は木造の閣楼で下層は防火壁とした。1992年は四川省人民政府級歴史文化財になった。


17、柳江古鎮
柳江古鎮は洪雅県瓦屋山国家森林公園への途中にある。古い町の建築は大抵明清時期の造った。花渓河は支柱で支え作られた吊脚楼を循っていて、
周辺の青山はぐるりと取り囲み、いい天気の時、峨嵋山の峰を眺めることができる。
金持ち方の民居は柳江鎮の基礎を構成して、これらと一体になって山紫水明の美景は山水絵画であろう。
曽家大院の四合院は清朝年間に造ったので、空中から俯瞰すると、寿という漢字である。
壁が歩きを巻き、犬歯錯そうになる感じがある。入ると中華風と西洋のいっしょに並べた様式の楼は四合院はが二つに分けられた。

18、上里古鎮
上里古鎮は四川省の十大古鎮の一つをとして、雨城区に位置し、古時の南方シルクロードの通り道であった。
古い町は山によって水にそばに寄り、建築特色は桶屋や石橋やは青石街などで、他の見所は十八羅漢朝観音と古橋と石牌楼がある。
二仙橋の造形は一番美しいで、清代中期の建築である。現在、町内の石牌楼は7箇所もあり、陳氏貞節石牌楼と双孝石牌楼及び九世同居石牌楼で、七星抱月と呼なれた。
特別に、町の北に8キロの所ある白馬泉は、水温が15回前後で湧き水は石龍口から噴水をして、毎日の濡れた数回である。

19、火井古鎮
火井古鎮は??市天台山の中にあり、四川の10の大古鎮の一つである。
火井戸というものは、天然ガスを利用した井である。前漢の時、??の火井を利用して食塩生産したので、
これは世界で天然ガス利用の一番早い記録である。2000年前の火井鎮は文井江で分けられて、新鎮と老鎮と呼ばれた。
新鎮は天台山への大通りの両側にあり、町内は広くて、家屋はそろって整える。
老鎮は小さい通りで古い屋、桶屋はずらりと並んでいる。

20、安仁古鎮
大邑県安仁古鎮は成都平原南西にあり、省級歴史文化鎮である。地名は論語の仁者安仁で名づけたのである。
現存の旧式建築は清朝の末年に築いて、なおさら中華民国年間の劉氏家族の盛んな時期に、造った閣楼は最も多い。
劉氏荘園は中国の完全に保存されたした地主荘園である。洋楼と称された同慶茶楼は1937年に造って、城の建築である。
樹人街にある劉元宣旧居は1945年に造って、縦長方形を呈して、成都平原の特色を持っていた封火壁は木製と塑像木製のと塑像が兼ねてあり、
デザイン内容は充実して、当時四川建築の最高水準をを代表した。

21、西来古鎮
西来古鎮は蒲江県にあり、明清時代の建築が多く保存された。建築特色は川西特色を持って、街は遠くないだが、全部木造の民居や店で通りも地ならした。
珍しいものは臨江の古い榕樹で、これらの古い榕樹は通りの裏、河の両側に分布して、
合計11本で樹齢は千年前後、姿態は優雅である。
榕樹枝葉は茂っていて、夏の夕方、町の人はここに集めて一休みになる。

22、街子古鎮
街子鎮は崇州城西北の25キロの鳳栖山の麓にあり、晋代の古い寺廟があり、光厳禅院と呼ばれた。
近くのに鳳栖山風景区もあり、原始林は1000の畝ジャングル、千年のギンナン、 千年の古楠、
上古寺、清代古塔など。また、古い町には蜂起遺跡、 唐代一勺詩人ー唐求の旧居、古龍潭、五拒沱、雲霧洞などがある。
全町諸般の文化財史跡の共の20個所である。


23、平楽古鎮
平楽古鎮は成都南西の丘陵地帯にあり、2000年の歴史を既にあった。古代の南方シルクロード第一宿駅であった。
町の沫河両岸でガジュマルは甚だ多くて、古橋の前の黄角樹はもう千年以上である。町の大通りと路地は縦横が交錯してあり、
明清風の建築は歯のようにずらりと並び連なていて、完全に保護されたのは銀家四合院である。
またのは、秦漢古驛道、卓王孫冶鉄遺跡、天官試剣石、観音院など。金華山には唐代摩崖塑があり、町の遠くない所には蘆の海と竹の海がある。
などを鎮めてそれで過ぎることを横切る。


24、五鳳古鎮
五鳳鎮は成都北東の龍泉山山中に位置する。清代康煕年間に造って、当時、構内には五条の通りだけがあり、それぞれ金鳳街、青鳳街、草鳳街、白鳳街、小鳳街で、五条の通りは全部鳳の字があるので、これで五鳳鎮と呼ばれた。
町には川があり、五鳳渓と呼ばれた。町の來鳳楼は百年歴史を持って、全部木造で、完全に保存された。
ある。観聖廟には菩薩と真人の塑像もある。特別に、キリスト教堂はもうセメント化して、広い教堂にあって、正面演壇の壁上に書いている以馬内利という漢字で、
黒板にも教会歌曲《明日》という歌が書いている。小さいな町内でも同時に存在している教は道教、仏教、キリスト教である。
   

25、西バ古鎮
西?古鎮は楽山大仏の岷江川下にあり、建築特色は明代の閣や家屋などがおおい。町内の通りはあまり広くないで青石板構造である。
桶屋、彫刻した窓窓格子、ぼんやりして間はあたかも往古の雰囲気に入る。西?古鎮へ行って、お茶を飲むとか豆腐を楽しむとか、人生の一大きい幸いなこと。
ここの縁日は賑やかで、古い芝居の川劇、お茶店の講談、影絵芝居、笛演出などもある。 西?豆腐は遠近は有名で、作り方は336種で常に見かけて36種がある。
この豆腐はかよわく、入口化するかすのでとても美味しい。  

26、青河古鎮
青河古鎮は大竹県に位置する。 古鎮は1932年に造って、全長は385メートル、総面積は3.3万平方メートル。
町内両側の家屋は西高東低になって、全部木構造した建築群で、1階1底の2階建てである。
両側はそれぞれ通廊があり、108本ギリシャ式円形の廊柱は人物とか動物とか花木など浮き彫りがある。
町の通りは構成は統一して、 風貌は独特で、そろって整えることを配列する。
見下ろすと、非常に壮観で、中国南西の珍しい建築群である。
古鎮には陳列館、茶楼、レストランなどがあり、東柳河の上に永平橋と双龍橋がある。


27、清渓
清渓古城は南方シルクロードにあり、北側は雅安で南側は西昌で東側は峨眉で西側は康定へ行ける。
古城は漢代から造って、歴代は広げて改築され、唐代の時、規模が大きいであった。城の東側と南側と西側にはほりがある。
町内の道は9通りと18路地で、南北方向のは主要な街で、東西方向は小さいな路地で、
通りの間は互いに通じ合う。城南は県衙で、城東は孔子廟で、城北と城南は民居が集めている。
最近、人々は城南で石碑が発見され、三国時代の大将軍--姜維の漢字がある。


28、古鎮−−青林口

青林口は梓潼と剣閣と江油の交差点にあり、現在交通は便利である。
ここの建築特色は会館と寺廟がは多い。 古い通りの両側、古い家屋は鱗や櫛の歯のようにずらりと並んでいて、彫刻している雄大な木構造は建築して、古鎮風貌である。
新街の突き当たりは、清代の石アーチ橋があり、もとの名前は合益橋でいまは、紅軍橋といわれた。
通りの南は清代の火神廟があり、火霊殿と火神殿と文昌殿及び玉皇殿ちんあずまやなどにより構成される。
菩提樹の隣は半辺街で、長さは1キロメートル前後である。

29、孝泉古鎮
 孝泉古鎮は成都平原北西部の徳陽にある。孝文化中心−徳孝行城の勢いは偉大で古風で質朴な古建築群である。
古鎮の遺跡が多いで、姜孝伺、姜公墓、白衣庵、臨江橋など。まだ道教の法事を行うところもあり、仏教寺院及び儒家祠堂もある。
遠くない白馬観と双忠列の祠は著名な三国遺跡とする。


30、九襄古鎮   
漢源県の九襄鎮には、有名な石牌坊があり、、それは古代南方シルクロードの官馬大道に位置する。
この大通りの北、九襄古鎮の古い漢源街である。九襄石牌坊は清朝の建築で、9年間がかかって造られた。
この石牌坊は川劇芸術の48部芝居を融合して、いろいろな浮き彫りもあり、大きさの人物の570人で姿態はそれぞれ異なっている。


31、磨西古鎮
西鎮は瀘定県南部に位置する。貢?山海螺溝氷川森林公園の入り口にある。
現在、すでに高原名城です。磨西古鎮はたくさん明清古建築があり、そのうち、フランス人造ったゴシックの教堂はもう百年歴史を持っている。
中国と西洋文化の溶け合った町である。
    

32、尭バ古鎮
尭?古鎮は合江県の尭バ鎮に位置して、川南歴史文化名鎮である。
前は仏教聖地をとして、王朝聞、凌子風、李子英などの仏教法師があった。
古代の悠遠と現代はここでの調和をして、多くの観光客が目を引いた。
現在ここは撮影をとして、たくさんの映画を撮った。尭?も“川南影視城と称えられた。

33 塘河古鎮
塘河古鎮は清朝中期に造って、現在、すでに250年の歴史がある。
古鎮は塘河古街と石龍門園と延重寺の3部分に構成して、大部分完全に部保存された。古い町の建築は構造が気をつけ、構成は精巧になる。
建築レベルは優良で、徽派風格とすることが現された。古鎮の民居は大抵清末の建築で、青石板道は400メートルほどで
両側の家屋はまちまちになる。中の王爺廟はここの中の一番早い建築で、古い橋は二つ梁があり、麒麟橋と江合橋と呼ばれた。
石龍門荘園は江津市文化財をとして規模が広大で、延重寺の別名は孫家祠堂で保存された。   
町はまだ石碑、滝、千担岩漢墓、天台寺、荘園、記念館などは見栄えがする。