ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

臥 龍 概 況

臥龍自然保護区?パンダの故郷、四川省アバ・チベット族チャン族自治州?川県の西南部、、??山の東南面の麓に位置し、成都市から約130qで、交通が便利です。パンダ保護区は1963年に設立され、面積は20万ヘクタールに及んでいます。

臥龍自然保護区は「パンダの故郷」、「天然の動植物園」とも呼ばれ、豊富な動物、植物や鉱物の資源を有しています。保護区に生息する100頭あまりの野生のパンダは世界のパンダ総数の10%を占めています。そのほか、世界でも名を知られる「五一棚」というパンダの野外観察センターとパンダをテーマにした博物館「パンダ博物館」も建てられています。

臥龍自然保護区は四川盆地からチベット高原へ移行する渓谷地帯にあり、歴史の変遷により、多くの珍しい動物の避難所となり、原生林と原始のシステムがよく保存されました。

パンダ博物館はパンダの生息環境、歴史の変遷、パンダの特徴、コンパニオンアニマルおよびパンダの人工飼育、繁殖、保護と自然保護区事業の発展を展示し、パンダの秘密を明らかに示しています。

巴郎山観光地には植物の垂直分布帯が明らかで、「一つの山に四季があり、十里だけ離れても天候が異なる」という特別な景観を感じられます。花草、群れなすヤク、流石灘、雪山、雲海を楽しみ、峰に上ると臥龍を見渡せます。

保護区には各種類の植物が三、四千ぐらいで、類は50ぐらい、鳥は三百ぐらいがあります。パンダのほかに、国家保護の珍しい動物は29に達します。例えば、レッサパンダ、金糸猿、牛羚、白唇鹿、?尾虹雉、鳩の花-?桐、水青樹、アズキ杉などがあります。さまざまな禽獣がここで自由に生息し、繁殖しています。臥竜独特の地理と気候によってここ特有の動物が天然パラダイスとなっています。ここは自然界の宝庫といえば、とても相応しいです。

1980年、臥龍自然保護区はコネスコから[国際生物圏]に入れられて、同年、パンダの研究中心とパンダ野外生態観察所を建てました。
2006年7月12日、臥龍パンダ生息地は世界遺産のリストに入られました。





四川の旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp