ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
石 海 洞 郷 概 況


石海洞郷は四川省宜賓市興文県の境界内に位置して、総面積は121平方キロメートルほどで、中心観光地は14.6平方キロメートル。この県の石林、鐘乳洞は17個所の郷もあり、だから“石海洞郷”の名誉がある。
ここは我が国のカルスト地形の発育の最も整っている地区の1つとして、地面、形の奇妙な石林は、雲南路南石林のようである。様々な鐘乳洞縦横に、桂林の芦笛迷宮のようである。

そろった観光地区は大きい小石と林の7所を共有して、主要な観光ポイントは七女峰、翠屏古塔、天涯望帰人、双獅争繍球、群羊下山、石林迭翠などがある。ここの石牛、石馬、石獅、石象、石竜、石虎、石珊瑚、石蓮花、石美人、石茸、何でもそろっていて、様々な奇峰と一緒に、対照になる。各類の鐘乳洞の約200個、まるで竜宮城の大殿、穴の中に穴があり、穴には穴をかぶせ、穴の上に穴があり、穴の下に穴があり、それぞれ特色を持っている。その中に身に入り、ぼんやりしてぼんやりとして、穴の中には竹薮があり、林の間に水が流れて魚が遊んでいて、時計の磬聞くところによると、天堂の1つで満足する。

石海は天下奇観の一つとして、上から下まで互いに引き立て合って、竹海、恐竜、懸棺と一斉に川南四絶と称えられた。特に観光地区の三大絶景は中国最大岩海と世界一の大漏斗と中国最も長い洞穴で、更に不思議で雄壮で美しくて、高くて険しくて人を魅惑する。

観光地区は2002年5月、中国の重点名勝風景区になり、2004年1月に国家地質公園になり、4A級風景区である。

四川の旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp