ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

四 姑 娘 山

四姑娘山気候
四姑娘山の海抜が高いので、日隆町の海抜は3100米ほどで、大四姑娘山の海抜は5355米で、二姑娘山の海抜は5455米三姑娘山の海抜は5664米で、四姑娘山は一番高いで6250米で、高原気候です。山の頂上はは一年中、雪を頂いたのです。通常意味のシーズンは4月--10月で、11月--来年3月まで、寒いので、観光不便です。毎年の6月中旬から、8月中旬まで、山の花は満開になって、この辺りの最低気温は14--16度ほどで、最高温度は27--29度ほどで温度差が大きいのです。9月から、この辺りの気温は寒くなってきます。一般的にいえば、10月中旬は6--20度ほどで、秋のようすで、紅葉と雪山の景色です。大姑娘山登山なら、5月6月もいいですが、頂上は雪が覆われて登り難しいかもしれません。そして、登りは7月か8月もいいですが、花見と山トレッキングなら6月下旬--7月下旬いいです。
カメラマンに対して、いいシーズンは四姑娘山の春と秋だといわれた6月と10月です。高原ですから、秋と春は1カ月だけです。春の毎日気温は12--25度ほどで、夏の日は17--29度ほどです。紅葉の時、双橋溝の見所は紅杉林で、海子溝の見所は朝山坪です。冬は寒いで、-13--5度ほどです。

四姑娘山ホテル
四姑娘山のホテルは日隆に集まって、臥龍にも、パンダ山荘と臥龍山荘ホテルがあります。日隆には四星ホテルは四姑娘山国際ホテルと新四姑娘山山荘と金昆賓館だけがあり、ここの最高クラスホテルです。
日隆には、三星ホテルは興紅(江鳥という漢字)ホテルと興茂(樹の下に心がある漢字)と聖山ホテルだけです。
日隆の二星ホテルは四姑娘山賓館と四姑娘山観光客中心と金珠酒店と公路飯店などがあります。
臥龍には、臥龍山荘ホテルは准三星ですが、一つだけで、他所のホテルより、高いです。パンダ山荘ホテルは准二星です。

四姑娘山観光注意
四姑娘山は高原で、温度差が大きいです。日中は暑く、 朝と晩冷え込む気候が多いのです。Tシャツ、長袖のトレーナー(長袖厚手のシャ ツ)、ウィンドブレーカーなど最低3枚は着込める体勢がベストです。冬にあた る場合は更にセーターが必要になります。また、霧が濃い場合、マスクを掛けた ほうがいいです。靴は普段履きなれたスニーカーで十分です。10月の秋になると、朝と 晩ごろ、零下2度もあるか、手袋も要ります。高原で、紫外線も強いので、日焼け止めクリーム化粧 品などを用意したほうがいいです。又は、四姑娘山観光地にはスーパもないので、リップクリームをあらかじめつけたほうがいいです。 

四姑娘山交通
成都--四姑娘山の距離は220キロほどで、遠くないと思いますが、山道で、所要時間5--6時間です。
成都--都江堰の距離は46キロで、高速道路です。所用時間は30分間です。
都江堰--映秀湾の距離は34キロだけですが、紫坪舗ダムの建設中なので、いつも交通渋滞になって、通常、通行時間は2--3時間がかかります。
映秀湾--臥龍の距離は48キロで、ここから山道の道路で、パンダの繁殖保護に入って、空気も清々しいです。
臥龍--巴朗山の距離は60キロで、全部山の登る山道で、臥龍の外、秋になると、紅葉は素晴らしいです。山に登って、いろいろな山の花は満開で、とても美しいです。
巴朗山--四姑娘山日隆の距離は32キロで、峠の海抜は4487米で、下は雲海が見えます。

四姑娘山の辺り
巴朗山の花見
臥龍から日隆への途中、海抜4800米以上の高い山です。山の頂上辺りには青い空、山の回りには、満開になる花が壮観で一ぱいで素晴らしいです。また、晴れる日には巴朗山の峠で、四姑娘山全部みえます。
巴朗山の雲海
峠の下には、雲海が見えます。青い空、山々が手のように、白い雲を持っていて、天堂のようです。
海子溝 :
日隆鎮の入り口にある海子溝は長さが19.2キロ、総面積は126.48平方キロです。入り口--花海子へは、乗馬時間は約4--5時間ほどで、溝内の見処は鍋荘坪、朝山坪、老牛園子、大海子と花海子と双龍海などがあり、大姑娘山の登りはここからのです。入場料は60人民元で、乗馬は160--200元/往復で、値引きもできます。6月--8月、いろいろな高山植物が咲いて、リンドウかダイオウかエーデルワイスか草ジンチョウゲかキンバイソウかヤマハハコかケシかキランソウなどの花が満開で、壮観です。鍋荘坪と朝山坪は、四姑娘山の四峰が全部みえて、山に近いようです。
長坪溝 :
長坪溝の長さは29キロで、総面積は100平方キロです。入口から観光バスで、ラマ寺までです。それから、歩きで、枯樹灘へは100分間ほどで、ここは川にある樹は盆栽のようで、これらの名の由来です。それから、乗馬で、木?子へ行けます。木?子は四姑娘山に一番近いところで、草原があり、雪山の峰と草原の景色はとても美しいで、陶酔しやすいです。乗馬費は180--200ほどで、入場券は80元/一人です。溝内には、名があるところはラマ寺、枯樹灘、龍洞、両河口、紅石陣、鶏冠石などです。ラマ寺の後、原始林で、山道の奥、新鮮な空気、小河の音、大自然に近いです。紅石陣の石は赤い石で、龍洞には原始氷川がみえます。 秋になると、谷の両側、黄色か赤いか紅葉は壮観です。9月下旬から、木?子はもう秋のようで、四姑娘山の山麓にあるので、色彩の豊富な草原と雪山の写真はきっとお客様が陶酔されますよ。 
双橋溝 :
双橋溝の長さは34キロで、総面積は216.6平方キロです。たいてい、観光バスを利用して、観光が便利です。歩き方もいいですが、1日かかると、最後のポイント--紅杉林へ歩けないかもしれません。この溝の観光バス費は60元/一人で、入場券は80元/一人です。観光ポイントは陰陽谷、 五色山、人參果坪、 日月宝鏡、 狩人峰、牛心山、尖子山、 牛棚子、 野人峰、 阿妣山、長河灘、紅杉林などがあります。5月--8月、人参果坪と牛棚子草坪の花は段々に満開でしてとても美しいです。沿道、いろいろな雪峰は不思議な形で、大自然の造化に、想像できません。秋の紅杉林は、色が豊富で、残ったのは万歳だけでしょう。
猫鼻梁
ここから、向うの四姑娘山をみて、猫の鼻のような山腹で、この名の由来です。四姑娘山の全部見えるので、写真のいいところです。

夾金山
夾金山は日隆町の南にあり、附属風景区です。車は日隆の西へ行って、達維の交差点の南18キロのところは夾金山です。夾金山の見所は雲海と一つの高山湖です。車は夾金山の頂上に上られて、観光便利です。峠から雲海をみて、雲が下にあり、いろいろな姿が変わるのです。ここの海子は大きくないんですが、回りにはいろいろな花が満開で素晴らしいです。

丹巴美人谷
丹巴美人の谷、勿論、美人はチベット族の美人です。四川省の西部では、大きいな山々が綿々になって、チベット族が固まって住んでいます。広大な土地では、丹巴は美人で有名です。日隆の西、65キロのところは丹巴の県城です。美人の谷は、巴底郷にあり、ここの村に住んでいるチベット族は天候と地理の原因で、他所により、きれいです。当地も選美人の祭りもあります。
ここのもう一つ見所は墨爾多神山です。この山の高さは5150米で、頂上は雪が覆われて素晴らしいです。
丹巴のチベチベット族の村も有名です。ここの家はチベット族の民族特色があり、古い城は千年以上の歴史を持っています。
党嶺では、高山湖が多いで、雪山もいろいろ容姿で、温泉と川も魅力に満ちるのです。

四川の旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp