ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

海螺溝ミニヤコンカ山概況

      海螺溝は四川省の西南にあり、成都から約340キロで、バスで7時間ぐらいかかります。[ゴンガ]という山はチベット語で白氷雪という意味で、一年中氷雪に鎖りされています。一番高い峰の海抜は7556メートルで、四川省の最高です。蜀山の王をとしてゴンガ山は人々の心を引きつけてきました。海螺溝はゴンガの麓に位置します。氷川でも海螺溝の夏の表面平均温度は25度もあります。雄大な氷川や木々のこんもりと茂る原始林や新鮮な空気や静かな境などが観光客にうっとりさせて無我の境になります。
      ゴンガ山の地域は氷川が71カ所もあります。海螺溝はゴンガ山に一番大きい氷川で、総長は30.7キロで、原始林まで6キロ延びていて、うっそうたる原始林を通って竜のように飛んでいます。それで、緑の氷川と称えられました。当然、螺海溝の入っていくのはとても容易です。下隆は海抜最低の一つの氷川です。ここの氷川は姿がさまざまな奇怪で、違った形状の氷のものが人に考えさせます。竹の子のようか、塔のようか、人のようか、獣のようか、結局、なんだか、上帝だけが知っていましょう。毎年の3月から10月まで氷川を観賞するのはいいシーズンです。
      海螺溝は三つの特色をもっています。一つは海螺溝は麓に位置し、氷雪をいただくずば抜けて垂直に立つゴンガ山をのぞみおりて、気勢のみなぎっている氷河をみて、一種の世間をあっと言わせる神韻は貴方をして、思わず、知らず匍匐をひざまずかせて、胸を大地に接近し、霊魂が空と融けあっています。夕日が氷雪を頂いた山に照って光がきらきらと輝いていて、景観が壮麗で変化に満ちています。
      もう一つは世界で多くの氷川が高い海抜のところにあって、海螺溝では低い海抜の氷川が高い峰谷から流れ降りるのを見ることができます。大氷滝は高さ1080メートル、幅1100メートル、貴州の黄果樹滝と比べると10倍ぐらい大きいです。この巨大な氷滝は氷の物で個体になった防壁のようです。この氷滝が滑べると、崩れになって、壮観この上もない自然景観を見るのはとても幸いなことです。これを一見すると忘れることができません。
      第三はこのような氷雪の世界に不思議なのは沸泉もあり、水温は90氏度に達して、世界の奇観と称えばれています。海螺溝の気温は低下ですが、幸い、温泉に入る事ができます。ここの温泉は珍しい天然鉱物を含んで健康に有益ですよ。
       雪山、氷川、森林、湖泊に海螺溝は動植物の資源が豊富で、つつじ、百合、シクラメン、木蘭、箭蘭、八角蓮、雪の蘭などがあります。特に康定木蘭は冬の最中に蕾が出て、3月に花がさき、この花が溝内に薫り、人に心が伸び伸びとして愉快です。海螺溝のつつじもとても有名で、つつじの品種が68種もあり、毎年の5月つつじが咲き乱れてここはつつじの世界になっています。海螺溝原始林の動物が様々な種類があり、猿や熊や雉や鷹や山椒魚や野猪などがあります。春になると、花が山野に満ちあふれていてさき、ある名のは知らない名のは皆さんの来訪を歓迎します。秋は紅葉で、冬の雪は山脈を覆っていて…… 季節にもかかわらず、海螺溝は独特の人に迷わせる魅力を発散しています。美景が数えられなくで皆様をまっていて……

海螺溝ミニヤコンカ山地図

四川の旅ルート一覧