ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
杜 甫 草 堂 概 況

      杜甫草堂は成都の西郊にあります。ここは一代の詩聖と言われた杜甫を記念するために杜甫草堂を建てました。唐代の大詩人杜甫は安史の乱を避けるために,759年の冬に家族を連れて成都に移り,親友の助けの上で浣花溪の畔に藁葺きの家を建てて4年ほど住んでいました。杜甫はここを[成都草堂]と名付けました。

      最初の草堂はこんなに広くなかったので,規模も小さかったのです。当時,杜甫が建てた藁葺きの家は丈夫なものではなかったので,761年の秋に大風に吹き飛ばされてしまいました。その時,杜甫が有名な[秋の風に破れらた藁葺きの歌]の詩を作詩しました。その後,何回も再建され,いまの規模になったのは1500年と1811年の拡張工事を経てからのことです。当時のぼろい藁葺きの家は今は当然なくなり,替りに20ヘクタールもある記念の建物と庭園の機能を兼ね備えたを観光地になりました。

      最後の都市森林と呼れた杜甫草堂は有名な名所旧跡をとして園内には赤壁に挟まれた通路卯やうっそうとした竹林や梅林があり池もあり石橋もあり、亭もあり,こぢんまりとした建築の特色を倶えた素晴らしい庭園です。大廨、詩史堂、柴門、工部祠が一直線上に建てられています。両側にはそれぞれ附属施設があり,まだは,構内に渓流、橋、竹林などが通って杜甫がその時悠悠自適な田園生活を過ていたこと想像できます。[廨]は古代の役所です。杜甫は一時期の政府官吏にしたことがありますので,杜甫を尊敬するためにそれに[大廨]と名付けたことです。詩史堂とは杜甫草堂の中心建物です。杜甫の詩歌は唐の王朝の盛史を克明に表しているので、昔から[詩文で歴史が証明でき、詩文で歴史が補足でき]と言われ、詩による歴史つまり詩史とたたえられています。詩史堂には杜甫の詩や文書、各種の文物などが3000余り,収蔵されて1册しか現存していない杜甫詩集,明代と清代の書道家や画家が書いた杜甫の詩歌と絵などがあります。この中,斉白石、徐悲?、何香凝など非常に有名な画伯が画かれた作品です。大家の作品なので芸術価値の高いものです。[柴門]とは実は当時、杜甫の藁葺き家の回りには囲まれてつまり、杜甫が柴で造った垣根にの門です。杜甫はこの門の前でお客さんを送迎うるところです。[工部詩]は眞ん中で杜甫はかつて[検校工部員外郎]と言う官職についたことがありますので,こう名付けられたのです。西側にある建物は[恰受航軒]、東側のは[水竹居]があり、ここは杜甫の休憩のところです。これを見ると絵のような眺めと思0わせるでしょう。この工部祠の東側には藁葺きの亭があり、中には[少陵草堂]という4文字が刻まれた石碑が建てています。この少陵草堂は杜甫草堂の別名で,昔の草堂はここです。この近くに小河があり,浣花溪といわれます。杜甫の詩の中に[窓に含む西嶺の千秋の雪,門に泊る東呉の万里の船]と描写していますが,最後の句は1万里の船が長江を伝って来て門前の浣花溪に泊っている]という意味です。杜甫は成都に4年住んでいましたが,この時期は生活が比較的に安定し、気持も落着いていたので、作詩に専念できたわけです。杜甫の詩文にもここの景色をよく表していたのでこの旧跡は詩文と強い関係があります。それで4年間に杜甫は生涯の4分の1ぐらいの詩をこの草堂で造ったのです。そのため、後の人はここを中国文学史上の聖地とも呼んでいます。

       いまは,この杜甫草堂には普段から杜甫をしのぶ人々がたくさん訪れ、特に旧正月の七日は観梅と慰霊の人たちで賑わいにきて成都市の有名な観光地になっています。


四川の旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp