ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 
安 岳 石 刻 概 況


安岳石刻は西暦紀元521年の前後の南北朝に始って、盛于唐、五代、宋、今1300年の歴史にすでにあった。近年の文化財調査の結果、県内に、岩崖の彫刻像は105所があって、10万ぐらい像もある。3メートル高さ以上のは120像、5メートル高さ以上のは40像、15メートル高さ以上のは2つ。完全に保存され、ここは中国古代石刻芸術の宝庫と言われた。それは多く我が国の石刻芸術が最盛期の作品で、高い彫刻芸術の価値を持って、像の作った風格は少数の魏晋の気骨で、大部分が体つきはふくよかで、おっとりして美しい唐代風格である。その中、安岳人の独創風格もあり、彼らは自分の特有な創意に任せて、ずば抜けた技法と生活に対する観察と理解により、たくさんの大胆な突破があった。

臥仏溝石刻は長い1キロほどの崖の両側にあり、139の龕の洞穴もあって、石刻像は1600像もある。一番有名なのは、釈迦牟尼涅像で、この仏像の長さは25メートルに横になって、地面からの距離は5メートルの岩の腹で刻んで、歴史は大足の臥仏に比べてもっと前に400年余り造った。仏像の頭は東にあり、足は西に横になって、これは世界でも珍しいで、(普通は頭が西にあり、足が東にある。)これは山に従って形を取って、大体お経に合って、また独創の風格を持つ。

仏陀の首の枕に横になって石枕を使って、大きい耳たぶはひとペアが裂けてイヤリングを使うことに掛かって、双眼はわずかに閉じて、顔立ちは慈悲深くて優しく荘重で、平然としている表情を現して、側には21の弟子、菩薩、護法天上などの神もあり、釈迦牟尼の涅中の雰囲気が現された。入る見所は重要な文化財ーー蔵経洞で、仏教経文は洞穴の正面と両側に木板を彫って、総面積は150数平方メートルに達して、40万字がある。その中《檀の三蔵経》は現存のお経の中の絶版である。千数年、共に石の14000数元を刻んで、約5000万字、すべて中国の貴重な宝物である。

大雲山千仏寨石刻は1の天然崖で彫刻して、周囲の700メートルには、105が仏壇はあり、仏像は3016もある。その中、見所は56番の洞穴の菩薩像で、頭は透かし彫りの花冠をがぶっていて、顔面はふっくらして、腹部が小さくてねじって、胸の腹は玉の首飾りをかぶせて、かすかに口をとがらせて現れたほほえみ、ある人はこの種類の神秘的な美称を東方の蒙娜麗莎と称えられた。

毘盧洞石刻はの穴まで、あちこち石窟の群があって、共に446着像を作る。その中、観音堂の紫竹観音は、背が紫竹林に寄りかかるため、名声のとられた。この像は、体が全部の浮き彫りではない、右腕、荷葉、蓮の花、指、袖などがすべて使う透かし彫りのワシの技。蓮台は十分に踏む蓮蕊間でとすべて大量の空間を彫刻しだして、肩の掛けで貼っている。最も遊覧客に喝采させたのは体が斜めになって、右足が上げられて、その上、自然に採光でき、遊覧客はどの方向からも同様な審美の効果が取られた。このようにする姿勢の仏像像も人々に美神と称されて、安岳石刻の代表になる。このように類似する芸術の創意を約束しないで、本当に貴重すぎる。

円覚洞石刻は1993像もあり、北宋の絵が14本ある。穴にはは12円覚像があるので、名声を得る。穴内の5神の飛天彫刻は、いっぱいな壁の風の動き、飛天がしなやかでしなやかで美しいことを見て、軽やかに舞って、そのため、これらの飛天は安岳の石刻の1種の不思議なものになって、遊覧客に深い印象を残した。穴の左側は?瓶観音で、右側は阿弥陀仏と大勢菩薩で、みなの高さも7メートル。よくある正面が仏陀に立つことと違う。大勢菩薩の手は蓮の花の花のつぼみを持っていて、千年でもぶら下がらない。これは大足宝頂山の石塔を持っている華厳三聖と同じ効果をあげている。これは本当に天才的な芸術の構築である。

四川の旅ルート一覧

   

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp