ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
c


西昌市の概況


成都市(せいと)は、中華人民共和国四川省の省都であり、副省級市。豊かな成都平原の中にあって古くから『天府の国』と呼ばれてきた。唐の時代から蜀錦を産出するため錦城の別称を持ち、また芙蓉の花を市花とするところから蓉城の別称ももつ。成都はすばらしい地理的位置に恵まれている。双流国際空港は中国の6大空港の1つ。成都駅は中国西南における最も大きな旅客駅である。宝鶏、重慶、昆明鉄道線各方面に向けて出発している。長江に沿って下れば東の三峡に行くことができる。西には神秘色に包まれたチベット、九寨溝、黄竜寺などがある。北へ行けば西安の兵馬俑坑が見られる。南には峨嵋山や楽山大仏が見物できる。

「魏ー呉ー蜀」の三国志の時代から蜀の都として知られ、四川省の省都として、中国西南の政治、経済、文化の中心地となっている。中国西南地区における科学技術、商業貿易、金融、交通、通信の中心地である。面積は1万2400平方メートルで、人口は1180万人。名所旧跡はいたる所にあり、伝統工芸品は広く国内外に知れわたっている。民俗風情やすばらしい田園風光、パンダなどの観光資源は多くの観光客を引きつけている。漢方薬材の集散地であり、「天府の国」といわれる豊かな風土に育まれ、スパイスたっぷりの四川料理が人々の元気の素だ。市街地には、かつての城壁跡を利用した環状道路や放射状の幹線道路が整備されており、市内の移動は分かりやすい。いくつかの繁華街の中でも、ホテルやデパートが集中する総府街や、春熙路、提督街付近などは特に賑やかで、劉備玄徳と諸葛孔明ゆかりの武侯祠や、詩人ー杜甫が詩を作りながら暮らした杜甫草堂など、みどころが市内と郊外に多数点在している。また、中国で最も茶館の多い街でもある。

成都は四川省中部、四川盆地の西部にある岷江の中流に位置し、平原と丘陵や山地がそれぞれ面積の半分を占めています。成都は四川省の政治、文化、経済の中心地です。成都平原は土地が肥えている上に都江堰の大型の水利施設に恵まれ、古くから物産が豊かなため「天府の国」と呼ばれてきました。

成都は中国で重要な貿易都市の一つとして、進出している外資企業の数は全国でも多いほうである。春熙路、騾馬市、天府広場、新南天地、建設路、金沙光華、紅牌楼、荷花池、磨子橋、太昇路などには大型ショッピングセンターが数多くある。国家レベルのハイテク産業開発区と経済技術開発区を有し、世界トップ500の企業の200社がここで投資し、工場を建設した。2012年、全市のGDPは8138.9億元に達しました。中国大陸の都市で第8位、省都の都市で第2位(広州に次ぐ)にランクインしている。成都は中国西部で創業環境や居住環境が最も良く、総合競争力が最も強い現代的な巨大都市であることを都市建設の目標としている。

麻雀や火鍋が好きな成都人
成都の人は麻雀好きだということは誰でも知ってることでしょう。街のあちこちで麻雀をやっている音が絶えない。どこでもその土地の風俗ー習慣がある。成都はといえばのんびりしている都市なので、麻雀は地元の人々に好まれているのも当然なことである。麻雀は四川西部の文化とも言え、四川の生活リズムとかかわっている。四川の人々は酒食遊楽に凝っており、大都市の速いリズムを求めていない。彼らは遊んでばかりいて、まじめに仕事をしないのではなく、ただ生活は仕事よりもっと余暇を大切にしているからである。そして私生活と仕事をきちんと分け、私生活を十分に楽しむからこそ仕事に取り組むことができるという理念をしっかり持っている。そのほか麻雀は簡単で覚えやすく面白いのもブームになる要因の一つである。成都は平均標高500メートルで「春が早く、夏が暑い。秋が涼しく、冬が暖かい。雲や霧が多く、日照時間が短い。そして空気がじめじめとしている」という典型的な盆地気候である。地形の影響でいつもジメジメしているので成都の人々は唐辛子、火鍋などの辛い物を食べ、汗を出し、体の湿気を払う。

成都は美女が多く「美女の故郷」とも称されています。独特な気候と飲食習慣によって美女たちがこまやかな肌と完璧なスタイルを手にいれることができる。春熙路にはショッピングセンターやレストランが多くあるので美女もたくさんいる。そのほか寛窄巷子、第一城、新中興、仁恒置地、伊勢丹の七階、小通巷などでも美女と出会える。成都の第一印象はきっと「美女」、「火鍋の店」、「パンダのマーク」でしょう。 曇りの日が多いのは成都気候の特徴で、一年を通じて曇りの日は200日間以上を超えている。そのじめじめとして暖かい天候によって成都の女性たちは生まれながらの美しい肌を持っている。

パンダは中国の国宝で、四川盆地の竹林にしか生息していない。白黒模様のパンダたちはころころと太った体をし、不器用のようですが実はすばやく行動できる。たまに観光客に顔を向け、人々を笑わせる。毎年、秋になると運が良ければ、子パンダも見ることができ、これは一生の中で白黒以外の色をしている唯一の時期である。生まれたばかりの子パンダは大きさがわずか10センチ。はじめの七日間は可愛いピンクの色をし、その後は白黒の毛が徐々に生えだす。ですからこの時期の飼育室では特別な光景を見ることができる。

西昌市地図

西昌市観光スポット

チォン海 | 観海湾風景区 | 格サラ紅土地


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



e
f

.