ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
c


アバ州の概況


アバ州観光
アバ・チベット族チャン族自治州はチベット高原南東縁、四川省北西部に位置しています。ブン川県、理県、茂県、金川、小金、馬爾康県、阿?県、若爾蓋県、紅原県、壌塘県、松潘県、九寨溝県、黒水県の13県を管轄しています。そう面積は83,426万平方キロメートルで、人口は79万あります。人口の46%は漢族(48975人)、次いで34%が羌族(35535人)、そしてチベット族(19743人・18.6%)、そして回族(1377人・1.3%)となっていて、アバ州は四川省の第二大チベット地区であり、中国全国に4箇所ある羌族の密集地のひとつです。

アバ州の重なり合った山々は青緑色を畳んで、芝生は果てしなく続いています。当時中国工農紅軍より実行した世界でも有名な2万5千里長征の中、ここで雪山を越え、芝生を通ったため、アバ州は「雪山と芝生」とも呼ばれています。

アバ州境内は自然風景が美しく、民俗風情が濃く、旅行資源が豊富で、観光景勝地も多いです。アバ州には有名な四姑娘山、世界遺産リストに登録した「神州世界」―九寨溝、国家級風景名勝地「人間瑶池(この世の仙境)」と言われる―黄龍寺、国際生物保護区に登録した中国最大のパンダ自然保護基地―臥龍パンダ自然保護区、国家級風景名勝地―小金四姑娘山、紅葉が有名な―米亜羅風景区、黒水の?龍溝風景区、見渡す限り花の咲き乱れる大草原―紅原草原、畳渓の松坪溝風景名勝地、白河自然保護区、勿角自然保護区、宝頂溝自然保護区、白羊自然保護区、轄曼自然保護区、卓克基土司官寨、直波?群、松潘古城壁、理県籌辺楼、小金両河口会議遺跡、松潘毛爾蓋会議遺跡、若爾蓋巴西会議遺跡、紅原紅軍烈士墓、松潘紅軍長征記念碑園、茂県点将台摩崖の造像などの観光地があります。また特色のある黄龍廟会、チベット暦のお祭り、転山会、燃灯祭、羌暦節、祭山会、女児節などの祭日盛会と独特なチベット、チャン族風情、文化もあります。

九寨溝観光
九寨溝は四川省の北部、岷山山脈の奥深いところに位置しています。総面積は約6万ヘクタールにも及びます。渓谷沿いにチベット族の村が九つあることから、九寨溝と呼ばれるようになりました。他にチャン族、漢族、回族なども居住しています。

九寨溝は原生林が生い茂った50キロほどの渓谷に、大小108の湖や泉、滝が点在する景勝地です。九寨溝には原始的生態環境がそのまま残されており、希少な動植物も多く生息しています。140種類もの鳥類やジャイアント・パンダなど、危機に瀕している動物の生息場所としても知られています。

この海抜3000メートルを越える山岳地帯は、およそ2億5千万年前の海底隆起によりできました。氷河の移動により渓谷が削り取られ、岩石や土砂が取り残されました。その後、大量の石灰を含んだ地下水が湧き出て、石灰が堆積物に付着した結果、棚田のような独特な湖沼ができたと考えられています。透明の湖底には、樹氷のような石灰華が横たわっています。これは倒木に石灰が付着してできたものです。堆積物に石灰が付着して出来た堤には樹木の種が宿り、やがて芽吹き成長し森となります。大自然は、人間の想像をはるかに超えた造形美を生み出しています。

九寨溝は、山間部に位置するため天候の変化が激しいです。山頂には一年中雪が消えることがなく、春でも夜間は0〜4度と気温が低く冷え込みます。夏の平均気温は最高19度〜22度で涼しく、夜には薄いセーターが必要なほどです。九寨溝は年間降水量が600mm程度で、7、8月の雨季を除くと雨は少ないです。

九寨溝の四季、春は一面に緑が萌えだし、夏は日差しを浴び煌めく滝の飛沫、秋は紅葉に染まる山々と湖水のコントラスト、冬は湖のコバルト色がさらに映えます。九寨溝の四季折々に変化する景色は、多くの人々を魅了しています。

 

アバ州地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



e
f

.