ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ

観光注意事項--薬 品

1.風油精( feng you jing)、 清涼油 (qingliang you)− 頭痛、歯痛、筋肉痛、虫刺され、めまい、鼻づまり、暑気払いなどに塗って使う。この二つは中国に行ったことのある人なら見たことがあるんじゃないでしょうか。どちらも同じような効能があるのですが、私は風油精の方が好きです。清涼油のほうはクリーム状でべたべたするので・・・
2.板藍根( banlangen)− 解熱、解毒、抗ウイルス作用。のどの風邪、熱の風邪に。種類はいろいろあるみたいですが、私が使っていたのはキューブをお湯に溶かして飲むタイプ。板藍根沖剤と書いてありました。
3.銀翹解毒片 (yin qiao jie du pian)− 解熱解毒解毒作用を持つ。発熱、頭痛、のどの風邪に。
4.草珊瑚含片 (cao shan hu han pian)− 抗菌、炎症を消す、止血止痛に効くトローチ。口腔炎、咽頭炎に。
5.牛黄解毒片 (niuhuang jie du pian)− 熱さまし、解毒、抗ウイルス、炎症を静める効能をもつ。咽頭炎、扁桃腺炎、歯槽膿漏に。
6.黄連素片( huanglian su pian)− 腸内感染、下痢に。
7.駆風油 (qu feng you)− 関節炎、筋肉痛に塗って使う。
8.紫草膏 (zi cao gao)− 切り傷、擦り傷に。
9.雲南白薬 (yunnan bai yao)− 捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、リュウマチ、四肢のしびれなどに。