ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ

観光注意事項--宿に関する豆知識


  ご存じのように、中国の人口は世界総人口の約2.5割をも占めて、12億を越えてしまいました。移動人口の数がどのぐらいいるか想像できると思います。

 または、長い歴史を輝いた古代文明と雄大な自然の魅力に吸引された旅行者、近年に改革政策につれて外国の企業の増加による転勤者など海外からの移動人口も増える一方です、このようなニーズに応じて、全国的にホテル関連業界も迅速に発展しています。

 中国の宿は高級ホテル、普通ホテル、民間宿などさまざまな形として存在しています。、環境、安全、施設、値段も大きく違っています。

 ちょっと前まで、外国人客が泊まられるホテルはある標準まで達するホテルだけのものとします。現在、そんなに厳しい制限がないですが、やはり、全ての宿は外国人のお客さんに受け入れるわけではないから、あらかじめのご確認が必要です。

 概ねと言えば、ホテル、賓館、酒店、旅館、旅店、招待所などのような名付けです。
1、ホテル・賓館・大酒店などは高級か、高価と言うイメージです。建物も立派なですし、レストラン・娯楽施設・室内設備・安全性などが優位です。
2、 旅館の方は値段・環境・施設などが中間的です。
3、 旅店は安いと言うイメージです。
4、 招待所は、元もとに各会社と政府機関は公務をするお客さんに便利をはかるために設置したものですが、現在のニーズを応じて一般お客にも“招待”されるように変わってきました。大きい機関と大手会社は訪問者の経済的な条件を応じて、簡易で安いものと、立派な高価のものを両方設置することもあります。
5、 大都市(省自治区の首府と直轄市)・観光都市・経済特区が“五星”、“四星”、“三星”など立派なホテルを初め、普通の旅館、招待所まで様々ニーズを応じて、建設しています。
6、 中小都市は“何星”と評価されたホテルがないかもしれませんが、その地元の名前付けのはたいていはトップクラスです。
7、 もっと田舎に近付くと、もう旅館と普通な招待所しかないです。でも、人柄がなかなか優れています。