ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ


ブン川地震博物館は、5月11日、開放になる

       ブン川地震博物館は、もう大邑県安仁鎮で完成されて、開館時間は5月11日。 ブン川地震博物館は建川博物館にあり、この建川博物館の重要な部分をとして、展示館の総面積は6000平方メートル。

      博物館には一番多いのは現場の写真である。地震館には救災の時、地震災害救済部隊及び医療チームの使った救災ツール、地震の実物、栄誉旗、寄贈ものなどがある。特別に、墜落したヘリコプターグループの飛行機もある。また、陳列している地震の実物は、地震の廃墟、生活の用品、地震の時の時計、窪んだ車、および掘り起こしだ学生日記、かばん、靴などがある。この中、温家宝総理は、被災者の救済の時使った拡音のマイクロフォンと使った軍用地図などはとりわけ人目を引く。

      博物館には地震の体験館もあり、これはブン川地震のマグニチュードを参照して、真実な地震のアナログの現場をして、観光客が地震ホールに入った後、視覚、聴覚、触角の上で、地震発生のリアルタイムのシーンを体験することができて、天変地異が起こる恐れに着く。


     





当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp