ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ


ブン川地震の北川県古い町、5月の前に開放する

       今日の新聞により、北川県のブン川地震廃墟遺跡は、「5ー12」ブン川特大地震の周年の前、封城令を解除して、公衆に向って開放する。今年春節の間、北川の古い町に来られた人数は20万を上回り、北川文化観光局も毎日たくさんの電話を受け取った。当時、北川中学と古い町のあたりは、毎日の数千台車が約6キロほど、並びた。統計データにより、春節の間、北川、青川、都江堰、彭州、綿竹などの地震被災地区へ来られた観光客が7百万人以上になる。ブン川地震の後、北川古い町の地震遺跡に弔いに来られる遊覧客が絶え間なくて、平均、毎週2000-3000延べ人もあって、祝日と休日人数はもっと多い。

      このような観光に対して、綿陽市観光局は北川文化観光局と旅行社を連絡して、一緒に廃墟町に入って、地震遺跡の北川中学、雷鼓鎮、吉娜チャン羌族村、曲山チャン族村およびホテルの状況などに調査に行い、北川地震遺跡の観光のために準備する。一方、北川地震遺跡へ考察とか投資とか訪問とか慰問とか寄付とか弔いなどの観光客が絶え間なくて、一方、地元の人はビジネスチャンスを探して、自発的な観光市場を形成して、交通や宿泊などの公共管理など圧力になる。

      北川文化観光局の局長ー林川の話により、北川地震遺跡の開放範囲は、北川中学から三道拐への間で観光客が雷鼓鎮で観光バスに乗り換え、任家坪に入られる。それから、北川地震遺跡観光管理中心を創立して、地震遺跡観光の関係のことを受け付ける。続いて、いろいろ観光サービス施設を作って、例えば、駐車場とかトイレとか観光客のお問合せ中心とかゴミ処理施設とかレストランとか解説中心など。また、三道拐では、400平方メートルの安全な展望台を建てている。特定のところでは、弔い台、生花供物台、香炉、紙のストーブなどの施設を造る。







当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp