ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ


地震の後、生まれた13頭がパンダが雅安で一緒に登場した

       ブン川大地震の後、中国パンダ研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた13頭パンダの赤ちゃんが、春節の期間は一緒に登場した。これらはちょうど生まれて半年以内、体重の10キロのパンダの赤ちゃんが可愛い様子で現すと、すぐ多い観光客を引きつけた。
      去年のブン川大地震で臥龍の中国パンダ保護研究センターの交通、水道、電気、通信などが遮断になって、パンダの小屋も倒壊して、63頭のパンダも困られた。その後、困られたパンダが何回かに分けて安全で転移され、その中の45頭が雅安パンダ基地へ来られた。2008年7月6日、パンダの「幗幗」は順調に産んで一番目の双子パンダ赤ちゃんが出来た。その後、「白雪」と「英英」と「龍欣」など10頭雌性のパンダも次々と赤ちゃんを生産した。2008年の一年中、合計、15子が繁殖して、生きているのが13頭もいる。さらに、成都パンダ基地で生まれたパンダちゃんで、これは、人工パンダ繁殖の良い成績で、同時に、パンダ繁殖史の上の神話である。現在、この地震の後、生まれた13頭がパンダ赤ちゃんはみなも生長発育の状況が良好である。






当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp