ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ


九寨溝黄龍ツアーは8月6日から、解禁する

      ブン川の大地震から、九寨溝と黄龍風景区はずっと旅行団を禁止されて、去年同時期と比較して、観光客は74万数延べ人数減らしました。昨日、四川省観光局のニュースより、九寨溝と黄龍風景区は8月6日から、旅行団に対して解禁して、全面的に開放します。ブン川大地震の後、国家観光局は四川地震の被災地区に行く旅行業務を停止するように求めました。6月13日、回復された観光地は楽山、南充、宜賓、西昌などの13の市州があり、6月25日、九寨溝と黄龍観光地区が個人の観光客に対して開放したのです。現在、九寨溝県境内の省道、県道、郷道、村道などがすべて開通を回復して、風景区の道も すべて開通を回復しました。
      九寨溝管理局の関係者の話により、ブン川大地震は風景区の自然景観および旅行サービス施設に対してべつに破壊をもたらしないとませんと言われました。ホテル、道路、休暇施設、ショッピングなどのインフラも皆完全無欠です。九寨溝管理局もこの時機を利用して、露出した辺に対して、金網を採用して処理を補強したので、風景区の道路と遊覧歩桟道と観景台に改造を修繕したことを行います。九寨溝管理局は四つの溝を改造して札如溝のパンダ館、植物園、鹿園、珍しい鳥類園にを開発します。
      現在、成都〜九寨溝は毎日12便のフライトがあります。航空会社表示、九寨溝が解禁した後、乗客量の流れにより、フライトを調整すること。九寨溝に行く道路は、3つの線があり、成都-綿陽-江油-平武-九寨溝と成都―雅安ー馬爾康ー九寨溝と蘭州ー九寨溝の道です。また、九寨溝―蘭州の鉄道線の方案もすでに形成したので、来年工事を始めると計画して、建設の後、成都から九寨溝県まで2時間だけがが要ります。






当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp