ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ

成都地下鉄3号線は、パンダテーマ列車


地下鉄3号線テーマ列車イメージ図
成都地下鉄3号線は一期工程において、パンダをテーマとした列車を作り出す予定で、公衆に列車の名前を募集しているところだという。
成都地下鉄3号線は南西から北東へ、南に新幹線雙流西駅、北に新都城区となっており、一期工程は2012年4月より建設が開始し、今年8月から正式的に運行する予定だ。
成都地下鉄パンダ号が運行開始
2016年7月31日8時26分、成都地下鉄3号線、パンダ号が初の運行を開始し、3号線の第一工程が正式的に試運転の幕を開けた。成都地下鉄は全面的に「米」字の運行ネット時代に入っている。
成都3号線第一工程は建設期間が4年3ヶ月、全長が20.35キロ、駅が17処あり、春熙路、動物園、成都パンダ繁育研究基地などの観光スポットを連結している。現在、成都にて地下鉄線路が4つあり、運行距離が108キロになっているという。
成都の文化を表現しようと、3号線は「パンダ号」というパンダがテーマとしている列車を作り出した。車内ではパンダ席、パンダ吊り、パンダテーマポスター、パンダの足あとなど、たくさんのパンダ要素を取り入れた。
成都地下鉄3号線は三期工程において、パンダをテーマとした地下鉄は、2018年の国慶節の前、全線試運行。
パンダ地下鉄3号線路図
新都駅ー三河場駅ー植物園駅ー軍区総病院駅ーパンダ通り駅ー動物園駅ー昭覚寺南路駅ー四馬橋駅ー紅星橋駅ー市二病院駅ー春熙路駅ー新南門駅ー磨子橋駅ー省体育館駅ー衣冠廟駅ー高升橋ー紅牌楼駅ー太平園駅
パンダ通り駅から下り、成都パンダ基地基地まで、3キロだけ!

2018-07-26

 

t





当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp