ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ

2018年、九寨溝風景区、部分開放する予定。


記者から四川省政府により、四川省の世界自然遺産ー九寨溝の開放時間、観光地区の回復など、各方面に注目。2017年8月8日、九寨溝地震後、四川省政府が発表した『九寨溝地震災後再建回復案」。プランにより、今年オープンのは九寨溝の樹正溝と則査窪溝の長海、来年オープンのは九寨溝の日則溝の五花海など。
『案」によると、九寨溝風景区は、封山育林区をとする回復重点区、開放される時間は、回復状況により年々増加して開放面積、年々減少面積まで、完全に開放するまで。
2018年九寨溝回復開放一期観光区
2018年のプラン、九寨溝開放する観光区は、総面積は108平方キロメートル、入り口から、樹正溝、則査窪溝の長海観光プラットフォーム両岸の約1キロ、および扎如溝の区域。長海は、火花海、諾日朗滝などを開放する。
2019年九寨溝回復開放二期観光区
九寨溝観光地区の保護と修復によって、開放する九寨溝日は、日則溝の九寨溝面積は15平方キロメートル、鏡海から五花海まで、及び両側の原始森林両岸約1キロの遊覧区。
2020年九寨溝回復開放三期観光区
九寨溝観光地区内に、九寨溝地震被害が大きく変わり、パンダ海滝、パンダの海、箭竹海、真珠灘滝と剣岩などのポイント観察する状況により、名所を十分に調査し、増加して開放する。

九寨溝の入場料チケットについて
九寨溝風景区の回復開放後、入場券の価格も安くできる。

諾瀑布滝
九寨溝地震の中で、諾日朗滝の上流堤は、崩れた十数メートル、後ろに下がった約2メートルから数十メートルの滝の水が流れ込む穴に全部。地震の百日後、諾日朗滝の流れは、一瀉千裏奔騰して、依然勢い。

樹正滝
九寨溝樹正滝は、入溝の後の最初の滝。樹正滝海抜2295メートル、高さ25メートル、瀑頂幅72メートル、九寨溝地震後、今、昔ながら。

双龍海滝
九寨溝地震後、ここは新たな巨大滝を形成して、新しいポイント「双?海滝」。今、双?海滝の水は、諾日朗滝と真珠灘滝の水を超えて、風景区の最大の滝になった。


2018-01-05

 

t





当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp