ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

小三峡

     瞿塘峡の出て、大寧河に入り、三峡地区の一番大きい支流で小三峡といわれた。大寧河の風光は静寂で美しくて、見所は峰秀、景幽、石美である。
     大寧河の小三峡は竜門峡、鉄棺峡と迭翠峡で組み、竜門峡は小三峡の第1峡谷で、長さ約3キロメートル、峡谷は瞿塘峡のコイの扉のようで、だから小コイの扉の称がある。峡谷内の両岸は山峰がそびえ立って、絶壁は天に届いて、河の東部の岩壁から、泉が流れていて、竜門泉と言う。河の西の絶壁の上、古桟道の遺跡があり、竜門峡を出て、銀浜灘で、険しい。鉄棺峡に入って、長さ10キロメートル、両岸のおかしな石で、いろいろな天然の彫塑のようである。川の東岸が水面の4,5メートルの絶壁の上、石棺をかけて、戦国時期パ人の棺をかけたこと、
これは鉄棺峡の名の由来である。一番人を魅惑するのは迭翠峡で、長さは約20キロメートル、その中、鐘乳石は至る所にあって、水が石から流れ、赤壁摩天、紅屏翠蓮、関門岩などの奇観がある。



 

 

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp