ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

張家界概要

    張家界は前の大庸市と言った。風景区はユネスコの世界自然遺産に登録されている。張家界原始林公園は武陵源の西南にあり、珍しい植物が多いで、1000種以上もあり、いろいろな姿の山峰及び良い生態で有名である。
    黄石寨は1周2565米で、急勾配の険しい石段が続く。登りは3時間ほどで、下りは1時間30分といったところ。頂上は娯楽台、南天門などがある。頂上から、ニョキニョキと天に向かって伸びている岩山群が一望でき、あまりの素晴しさに言葉を失うほど。ここから、張家界全体が見渡せ、武陵源観光のハイライトの一つになっている。頂上には3キロの遊歩道がある。標高は1048米で
    とそれほど高くないが、険しいので、登りは難しいである。ここの雲海、日の出、夕焼けなどは素晴しいで、頂上に宿泊できる。下りも琵琶渓に抜け、渓谷 沿いにホテル街まで歩ける。
    金鞭渓風景区の長さは5540米で、山道は金鞭渓沿いに作られており、蛇のように曲がりくねり、山奥深い谷間を貫いている。ここの山はいろいろな姿勢で、中国山水画のようで、仙境に入る気分になる。上の見所は酔羅漢と金鞭岩がある。重要な観光ポイントは紫草潭の千里相会と言わる橋がある。
    天子山風景区の辺りは、最高1260米で、最低534米で、張家界の北にある。ローブウエイがあるので、観光便利になる。頂上は賀龍公園がある。見所は十里画廊と言わるところで、いろいろポイントは勧象台、玉筆峰、仙女献花、点将台、神堂湾などがある。玉筆峰は筆のような山峰で、景色も素晴しい。
    索峪渓は、張家界の東側にあり、海抜は高くないので、周りの山々を見渡る。その中、重要な峰は老人峰、寿星迎賓、仙女拝観音、両面神、海螺峰などがある。黄龍洞は中国の有名な鐘乳洞で、総面積は20万平方米もある。宝峰湖は遊覧船でいろいろ自然生態を楽しむところである。