ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

長江三峡ダム概要

    
    長江三峡ダムは2006年5月20日に作り上げた。長江三峡ダムは宜昌県の三斗坪鎮に位置して、葛洲ダムへの距離は40キロで、大きなダムは中堡島の上で建てられた。 三峡ダムは現在、世界で一番コンクリートの重力堰堤で、全長の2309メートル、左と右2つの堤段に分けて、コンクリートは総量の1610万立方メートルにコンクリートを型に流し込んだ。左岸のダム堰は全長1600米、1998年末にコンクリートを型に流し込んだ後、2002年10月に作り上げた。右岸のダム堰は全長の660米、2003年7月にコンクリートを型に流し込んだ後、2005年に作り上げた。 長江三峡ダムの海抜は185米で、観光区の総面積は15.28 平方キロメートル。三峡ダムの主な観光ポイントは壇子嶺、185観景点、土手上観景点、近堰観景台、堰止記念館がある。ダムが全線開通した後に、土手の上の道路はこの5つの名所が繋ぐことができる。三峡の間で、神農渓のような川は10以上ある。ダムの貯水は175メートルまで、遊覧船が小河の深い所に入って、いっそう神秘的な風光を楽しむことができる。

壇子嶺展望台

    壇子嶺に登ると、15.28平方キロの三峡ダム工事区全貌にひと目で見渡すことができる。 三峡ダム工事地域の一番早い開発の観光地区で、1997年に正式に観光客を受け付けた。そのトップの展望台の形は掛けた壇の姿のようで、名づけられた。ここ海抜は262.48メートルで、三峡ダム工事全景を観賞することができる最良なところ。その上、三峡ダムの雄壮だけでなく、さらに壁のように「長江第4峡」と言われた双方向の5級の水門が見える。

185展望台

    185展望台は三峡ダム土手の上の道路の左岸にあり、高さは三峡土手と同じで海抜の185メートルのため、名づけられた。プラットフォームの上から見下ろすと、体は土手の上に臨むことと同様に、ダムの高度を感じることができる。同時に、水平面が175メートルになって、ここも広い湖面の最良の観賞地点である。ここからもいろいろ船の上がる状況で過ぎることが見る。

土手の上展望台

    2005年7月1日、長江三峡ダムの土手の上の観光地区は建設完成。見学時間は毎日午前9時〜午後の17時である。観光客はここから三峡のダムと「0距離」接触でき、洪水が排出穴から飛んでまっすぐな瀉を流す壮観な場面、観賞できる。晴れ渡ると、幸運にもダムの排水する時、水霧の美しい虹がみえる。


近堰展望台


    近堰展望台はダムの左岸の発電工場の前にあり、近い距離でダムと排水を観賞するのは絶佳である。近堰展望台に立って、ダムを仰ぎ見て、海抜185メートルの堰体はいかにも格段で雄大さになって、それと比べて、人間はいかにも小さいもの。同時に角度の変化により、排水土手の気勢は盛んで、沸き立つことの下りた洪水のわき上がった浪のしぶき、更に大自然の力が巨大だったと感じさせる。

堰止記念園

    1997年11月8日、長江三峡ダムは流れをせき止めた。1998年9月26日、三峡堰止記念園は記念して造り上げた。この公園は三峡ダム下流の右岸の800メートルの所にある。総面積は93973平方メートル、長江堰きとめのテーマをとしての水利工事公園にする。堰止園はできるだけ旧住所上に工事パイル料と物件などが保留された。上に工事を残した材料ともの、砂か石材の仕切り、100余りの残っている四面体、77トン車、大きいな詰めて船などの大型施工機械を展示している。

 

 

 

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp