ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

石宝寨

    重慶から下り、まず目に入ったのは忠県石宝寨で、これは削る石構造の古い建築で高さ50余り米、忠県の東の長江北岸の玉印山上にそびえ立って、それは扉、身と頂上古刹の3部分から構成した。清代乾隆年間、お寺が造られ、その後、そこで山に従って勢いを取って楼閣が作り上げられた。
    この楼閣は9階、四角の三方、幾重にも壁の上で支えられた。頂上の天子殿は、康煕の年間で創建して、手すりにもたれて遠くを眺めて、尽きずに流れる長江、無限な景色、一望ですべて見渡せて、世界の八大奇異建物と言われた。
1956年までまた建造して12階に変えて、今のところ、ここはすでに観光客の長江の景色を眺める蓬莱閣と言う。


 

 

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp