ホテルと航空券 観光写真集     お問い合わせ
 

豊都鬼城

     豊都鬼城は四川東部の長江北岸にあり、重慶から長江三峡下りの第1観光地である。ここに言い伝えられているのは人が死になった後に魂の落ち着き先の地方である。鬼城豊都は名山の上、古木は空高くそびえて、寺院は林立して、巨大な世の中で仙道は儒学を放して、
諸神の大衆の幽霊は各廟を占拠して、等級は厳重で、それぞれ職責を尽くしてそしてひどい刑の峻法で伝説の中の幽霊の世界を統治している。歴史の資料の中、豊都鬼城はもう2200年以上があり、1982年豊都県政府は豊都名山に対して改築して、歴史の上の豊都鬼城が更に雄壮で雄壮偉大になった。
     豊都鬼城は人々が任せてその世を想像して建築したので、鬼城の寺とか縁日とか、規模と光景はすべて長江流域がめったにない。鬼城の景色は美しくて、渓流がちょろちょろと流れて、派手な山色、鳥のさえずりの泉鳴、うっとりさせられる。人々は想像に任せて、陰陽橋、閻魔殿、地獄関、陰陽界、地獄のどん底などを作り上げた。各門所の鬼神のイメージはまた多彩だ、高く険しくて風変わりで、刑具は恐怖で、ぞっとして、これは豊都鬼城であの世のあの世が現れて、1つの鬼世界はここから形成した。人々の上りは名山の中腹へ、古式楼閣、これは有名な地獄の入り口で、天子殿は山頂にあり、それは山上の最大のお寺である。双桂山には街もあり、縁日の時、とても賑やかで、民間の貿易形式で、鬼城奇容と称された。


 

 

当サイトの文字及び写真、コピーの無断複写 転載などを禁じます。
四川省中国旅行会社住所:成都市一環路南3段15号108室
電話:0086-28-66905095、ファックス:0086-28-68680748
メール:sctabi@yahoo.co.jp